野菜の保存方法 【新鮮さを保つ野菜の保存法】

野菜の保存方法 【新鮮さを保つ野菜の保存法】

野菜の保存方法

野菜の保存方法

 

 

野菜は保存している間にも、どんどん野菜の栄養素が失われていくので、野菜の種類によって、保存の方法を工夫する必要があります。

 

野菜の保存の基本はむれないようにすることと、乾燥を防ぐことです。産地での包装は、だいたい保存に適しているので、包装された野菜を買ってきたら開いている口だけふさぎ、冷蔵庫の野菜室に入れてかまいません。

 

保存の際にはできるだけ野菜を立てて、畑に植えてあった状態にすると、自然な生理機能が発揮されて、長もちするとされます。

 

葉物は特に傷みやすいので、調理までの間も忘れず冷蔵庫で保存しましょう。

 

包装した袋の上部が開いている場合は、乾燥を防ぐため、もう1枚袋をかぶせておきます。

 

大根やゴボウなどは、できれば泥つきを求め、新聞紙こ包んで涼しく暗い場所に置いておけば、冷蔵庫に入れなくても、数日はもつはずです。

 

いも類やタマネギは、特に寒い間は冷暗所で長期保存が可能ですが、春になると芽を出し始めるので注意しましょう。

 

また、低温が苦手な野菜もあり、ナスやサツマイモは冷蔵庫に入れると低温障害を起こします。

 

野菜をゆでて冷凍保存する場合は、冷凍庫の温度がマイナス18℃以下に保たれていれば、冷凍中の栄養素の損失はほとんどありません。

 

ただし、解凍した際に、野菜から出る液汁を逃がさずに使うのがポイントです。

 

 

新鮮さを保つ野菜の保存法

トマトやキュウリ

ポリ袋入りやパックの品はそのまま、バラ売りならポリ袋に入れて乾燥を防ぎ、冷蔵庫に保存します。

 

ホウレンソウや小松菜

葉から水分が逃げるので、ポリ袋や野菜保存袋を使用し冷蔵庫に入れます。根を下にして立てた状態で保存するほうがもちがよいようです。

 

キャベツやレタス

乾燥を防ぐためポリ袋に入れて、冷蔵庫で保存します。

 

ニンジン

ぬれると傷むので乾かして新聞紙に包み、冷暗所に置きます。夏場はポリ袋に入れ、冷蔵庫保存が安心です。

 

ブロッコリー、カリフラワー

なるべく早くゆでてしまい、ゆでたものを冷蔵庫で保存すると利用しやすく便利です。

 

大根

葉と根を切り離し、根は新聞紙に包んでポリ袋に納め冷蔵庫に入れましょう。葉はゆでてから冷蔵または冷凍保存します。

 

ゴボウやヤマイモ

丸ごとなら新聞紙に包んで冷暗所に置き、使いかけはポリ袋に入れて冷蔵庫に移します。

 

ジャガイモやタマネギ

むれないようにポリ袋から出して、泥つきのまま紙袋などに入れ、光のあたらない涼しいところに置きます。

 

 


 

トップへ戻る