野菜の旬を知ろう 【新鮮な野菜の選び方】

野菜の旬を知ろう 【新鮮な野菜の選び方】

野菜の旬を知ろう 【新鮮な野菜の選び方】

野菜の旬を知ろう

 

ハウス栽培や輸入が盛んになって、ほとんどの野菜は一年中出まわるようになりましたが、栄養価や味は旬の露地ものが勝っています。

 

 

 

○が付いている月が野菜が旬の時期です。

野菜/月

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

カボチャ          

     
キャベツ

             

キュウリ          

       
ゴボウ

             

ジャガイモ                

大根

         

タマネギ        

       
トマト        

       
ニンジン

             

ハクサイ

               

ピーマン            

     
ブロッコリー

               

ホウレンソウ

                 

 

 

新鮮な野菜の選び方

新鮮な野菜の選び方野菜は新鮮さが生命ですから、野菜を選ぶ基準の第一は鮮度です。

 

収穫してから時間がたつほど、栄養価が下がっていきます。特にビタミンCは減少率が高く、野菜の種類によっては2日後にはとれたてに比べて30%も落ちてしまうものもあります。

 

緑黄色野菜のホウレンソウなど葉物類は、葉がピンとしていて緑色の濃いのが新鮮さの証です。トマトは果肉の部分ではなく、ヘタを調べます。ヘタがピンとして緑がはっきりしている品を選ぶようにしましょう。

 

淡色野菜のキャベツは軸の切り口をよく見ます。切り口が黒ずんでいれば、日にちがたっている証拠です。

 

キャベツやハクサイは、水分がたっぷりの重いものを選びましょう。キュウリは、緑が濃く、表面にいぼやとげがついているものが新鮮で、触って痛いくらいであれば、鮮度がよい品です。

 

鮮度のほかにも、野菜を選ぶ際に注意すべき点がいくつかあります。

 

野菜の多くは、一年中出回っていますが、できるだけ旬の野菜を選ぶことが大切です。ハウス野菜と露地ものであれば、露地ものを選ぶとよいでしょう。

 

また、農薬は微量でも人体に悪影響を及ぼす危険性があります。

 

最近は環境ホルモンとして作用し生殖に影響を与える可能性も指摘されているので、選ぶ際には、農薬が過剰に散布された野菜はなるべく避ける配慮が必要です。

 


 

トップへ戻る