彩り豊かな野菜は血管の老化を防ぐ抗酸化物質が豊富

彩り豊かな野菜は血管の老化を防ぐ抗酸化物質が豊富

彩り豊かな野菜は血管の老化を防ぐ抗酸化物質が豊富

彩り豊かな野菜は血管の老化を防ぐ抗酸化物質が豊富

 

 

野菜の色素成分が血管の老化を防ぐ

 

野菜の色素成分が血管の老化を防ぐ

血管の老化を防ぐために食べてほしいのが野菜です。それも種類を多く、彩り豊かにすることを心がけましょう。

 

彩りは、目を楽しませて食欲を増すだけでなく、血管のためにもよいのです。

 

トマトの赤やニンジンの橙色、ブロッコリーの緑など、野菜の色素成分には、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の酸化を防ぐ働きがあります。

 

これを抗酸化作用といい、色素成分のことを抗酸化物質といいます。

 

悪玉コレステロールが増えると動脈硬化が進みます。このとき血管の中では酸化という現象が起こっています。

 

これが血管を老化させる錆びです。酸化を引き起こすのは活性酸素という体内物質。

 

血液中に悪玉コレステロールが増えると、血管内の活性酸素によって酸化されやすくなります。酸化した悪玉コレステロールは、異物と見なされるため、免疫細胞がやってきて、パクパクと食べて処理します。

 

処理の終わった免疫細胞は死滅して、ドロドロの状態になって血管の内側にたまっていきます。それによって、動脈硬化が進行するのです。

 

 

この動脈硬化の直接的な原因である悪玉コレステロールの酸化を防ぐのが、彩り野菜に含まれる色素成分(抗酸化物質)です。

 

トマトの赤い色素成分はリコピンで、ニンジンカボチャの橙色は、カロチン、ホウレンソウブロッコリーの緑色はルテインやゼアキサンチン、また柑橘類にはかβクリプトキサンチンという抗酸化物質が含まれています。

 

活性酸素を除去|抗酸化作用を補う食品

 

トマトに含まれるリコピンとβ-カロチン

 

16世紀に南米アンデス地方からヨーロッパに運ばれたトマトは、当時、黄金色のリンゴとよばれて観賞用にされていました。それがナポリの地でジューシーな果肉をもつ食用に生まれ変わり、やがて地中海料理の代表的な食材となりました。

 

「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるほど、トマトには優れた栄養が豊富に含まれています。その一つが、赤い色の色素であるリコピンです。ほかの緑黄色野菜と比較しても、トマトにはリコピンが大量に含まれています。リコピンは活性酸素を除去することで知られており、その能力の強さはβ-カロチンの2倍、ビタミンEの100倍もあるといわれています。

 

活性酸素は体内で発生する反応性の強い酸素で、細胞を酸化させ、生体に損傷を与えます。また老化を促進する原因でもあり、同時に脳の働きをよくするDHA(ドコサヘキサエン酸)が活性酸素に弱いことから、認知症を引き起こす原因になるともいわれます。

 

 

活性酸素の血中濃度を下げるリコピンは、老化や生活習慣病の予防に優れた効果をもっているのです。

 

さらにトマトは、β-カロチンも含んでいます。β-カロチンは体内に入ると必要な分だけビタミンAに変わり、残りのβ-カロチンが、リコピンと同様、抗酸化物質として悪玉コレステロール値を下げる働きをします。ビタミンAは「目によいビタミン」といわれるほど視覚・視力作用に影響し、歯や骨の成長にも役立ちます。

 

また、カロチンもビタミンAも、粘膜を正常に保つ働きがあることから、がんの予防、特に肺がんの予防に有効であるといわれています。

 

ほかにも、コレステロールを減らす食物繊維ペクチンや、発がん物質を抑制するビタミンCも含んでいるトマトは、まさにおいしい薬といえます。

 

 

色の薄い野菜もバランスよくとる

 

色の薄い野菜は血管に良い効果がないのかというと、そんなことはありません。キャベツやレタス、ダイコン、タマネギなどの淡色野菜もしっかりとったほうがよいのです。

 

淡色野菜の中にも悪玉コレステロールの酸化を抑えるものがあります。

 

タマネギを包丁で切ると涙が出ますが、この刺激成分は硫化アリルといって、抗酸化作用を持っています。

 

硫化アリルには血液を固りにくくする作用もあるので、血栓ができにくくなります。つまり、心筋梗塞や脳卒中の予防に役立つのです。

 

 

また、近年、淡色野菜は免疫細胞の働きを活性化させて、免疫力を高める作用があることがわかってきました。

 

さらに野菜は必須栄養素であるビタミンやミネラルが豊富です。必須栄養素をまんべんなくとるためには、さまざまな野菜をとることが大事です。

 

淡色野菜に緑黄色野菜を加えて、彩り豊かな食卓にすれば、ビタミンやミネラルもしっかりとることができます。

 

 

 


 

トップへ戻る