赤ワインに多く含まれるポリフェノールの効果効能

赤ワインに多く含まれるポリフェノールの効果効能

赤ワインに多く含まれるポリフェノールの効果効能

赤ワインに多く含まれるポリフェノールの効果効能

 

日本未入荷ワインが毎月2本届く!ミシュラン星付きセレクション



 

動脈硬化はLDLコレステロールの悪玉化がきっかけとなり、徐々に広がっていきます。

 

赤ワインに多く含まれるポリフェノールには、LDLコレステロールの酸化を抑制する働きがあり、動脈に直接作用して拡張し、血流をよくしたり、血栓を溶解する作用も確認されています。

 

ポリフェノールには高脂血症の改善効果もあることが明らかにされてきました。赤ワインの効果的な飲み方は毎日ワイングラスに1〜2杯飲むというものです。

 

ビタミンCビタミンE、ベータカロチンなどの抗酸化物質を合わせてバランスよく摂取すると、効果は倍増すると考えられています。

 

赤ワインを飲めない人は緑茶、ココアなどほかのポリフェノールを多く含む飲料で代替することもできます。

 

 

また、赤ワインの心臓病予防効果は赤ワインに含まれているポリフェノールの抗酸化作用によるものと認められました。

 

ポリフェノールは植物の光合成でつくられる糖分の一部が変化してできる化合物です。植物では果実や花、茎に多く含まれており、現在わかっているだけで十数種があります。

 

ブドウでは果実の表皮にレスベラトロールと、赤い色素のもとになっているアントシアニジンが大量に含まれています。種子や果実がついている小さな枝にはカテキンやタンニンが含まれています。

 

 

赤ワインは果肉だけでなく、表皮や種なども一緒に混ぜて醸造しますが、白ワインは表皮を除いた果肉のみを使うので、ポリフェノールの量は赤ワインの10分の1ほどです。

 

 

 

ポリフェノールの抗酸化作用

 

ポリフェノールの抗酸化作用抗酸化作用とは酸化を阻止する力をいいます。

 

酸化とは酸素の働きかけで起こる化学反応のことで、金属がさびたり、皮をむいたリンゴの果肉をしばらく放置しておくと茶色になったり、肉や魚が腐ったりする現象も酸化現象です。

 

 

私たちのからだも生命活動を営むうえで大量の酸素を消費しますが、体内でも、いわば同じような腐食現象が起こっていることが近年の研究で明らかにされています。

 

体内での酸化作用で代謝などの活動が妨げられたり、細胞膜が傷つけられたりすることが、老化や生活習慣病(成人病)につながるということもわかってきました。

 

 

酸化作用を防止することは老化や生活習慣病の予防となります。

 

この酸化を妨げる物質を抗酸化物質といいます。私たちの体内で作用する抗酸化物質としてはビタミンCビタミンE、ベータカロチンが知られています。

 

 

ビタミンCは水に溶ける水溶性で、ビタミンEやベータカロチンは脂肪に溶ける脂溶性です。

 

私たちの体内では、水溶性の物質と脂溶性の物質の双方の連携で抗酸化作用は増大するとみられています。

 

 

ポリフェノールはビタミンCと同じ水溶性ですが、非常に強力な抗酸化作用があり、心臓病や脳梗塞などの原因となる動脈硬化を抑制する働きのあることがわかっています。

 

 


 

トップへ戻る