ビタミンCの効果|不足すると、体内でつくられるコラーゲン量が減る?

ビタミンCの効果|不足すると、体内でつくられるコラーゲン量が減る?

ビタミンCの効果|不足すると、体内でつくられるコラーゲン量が減る?

ビタミンCの効果|不足すると、体内でつくられるコラーゲン量が減る?

 

 

ビタミンCは、組織を強め、傷を癒すのに必要。感染への抵抗力が増し、鉄分の吸収を助ける効果があります。

 

また、シミ・そばかす、日焼け・かぶれによる色素沈着、出血予防(歯ぐきからの出血・鼻出血)などに効果を発揮します。

 

 

植物由来・天然成分由来のビタミンCは、いかにもからだによさそうな感じ。でも、医薬品でもサプリメントでも、ビタミンCの性質そのものに、大きな違いはないようです。

 

サプリメントのほうが、価格も手ごろ、味もよかったり、パッケージも可愛かったりして、メリットも少なくありません。「最近、野菜や果物をあまり食べてないので‥」ということで、ビタミンCを補給したいと思われたときは、サプリメントでも十分対応できると思います。

 

でも、何か気になる症状などがあってビタミンCを摂ろうとされているときには、医薬品を選ぶほうがよいでしょう。

 

医薬品は、病気の治療や予防を目的としたもの。体の中にどの程度吸収されるか、どんな効果があるかなど、きちんとした試験をし、審査を受けてパスする必要があります。だからこそ、どんな症状に効果があるのかという「効能・効果」を表示することができます。

 

ビタミンCに限らず、何のために、その成分を摂ろうと思うのか、それによって選択するものが違ってきます。迷うときには、店頭で薬剤師などに相談してみて下さい。

 

 

ビタミンC不足で、体内でつくられるコラーゲン量が減る?

 

カルシウムビタミンB1などと並んで、サプリメントとして利用されることが多いビタミンC。アスコルビン酸という科学名で表示されていることも少なくありません。

 

16〜18世紀の大航海時代、壊血症という出血性疾患にかかる船員が相次ぎました。原因は、ビタミンCの欠乏。

 

ビタミンCが不足することにより、体内でつくられるコラーゲン量が減り、血管がもろくなったことによる出血でした。

 

原因不明の病気とおそれられていましたが、あるイギリス人医師が経験的に、柑橘類を食べると予防できることに気づいたと伝えられています。

 

現代の日本で、特に病気もなく、通常の食事を摂っていれば、ビタミンC不足による出血ということはほとんどないと思われます。しかし、コラーゲンの生成に関与しているということは、末梢血管の強化だけでなく、皮膚や粘膜を健康に保つことにもつながります。

 

また、シミ・そばかすの原因となるメラニン色素の過剰な生成や沈着を防ぐともいわれ、市販薬のシステイン製剤の多くには、ビタミンCが一緒に配合されています。

 

 

ビタミンCと相性の良い飲み合わせの栄養素は?

 

このほかにも、ビタミンCにはさまざまな作用があることといわれます。

 

貧血の予防のため、サプリメントなどでを補給している方。鉄は、ビタミンCと一緒に摂ることで、吸収が高まるといわれています。

 

ビタミンCを摂ると風邪の予防になる、といわれることもありますよね。

 

皮膚や粘膜を丈夫にするため、免疫機能を高めるためなどと説明されています。確かに、ビタミンCにはそうした作用があるといわれ、大量に摂ると風邪をひきにくい、ひき始めに摂ると早く治るという報告もあるようですが、明確な予防効果は確認されていません。

 

でも、発熱時や体力が落ちたときなどは、ビタミンCも消耗されやすくなっていますから、それを補う意味で少し多めに摂ることはよいと思われます。最近は、抗酸化作用にも注目され喫煙者、ストレスの多い人はビタミンCの消費量が多いことも知られています。

 

ビタミンCは水溶性のビタミン。たくさん摂ってもからだの中に蓄えられません。大量に摂取した場合は下痢や結石の原因となったり、薬剤の作用に影響を及ぼしたりすることも考えられます。腎結石の経験がある方などは、薬剤師に相談を。それ以外の方でも摂取量を守って、毎日、こまめに摂るようにしましょう。

 

 

ビタミンCを多く含む食品

 

 

(50mg/100g以上)

食品名

 

ビタミンC含有量

グァバ(生葉)

270

せん茶

250

かまいり茶

200

ブロッコリー(生)

160

めキャベツ(生)

150

番茶

150

なばな(花らい、生)

120

にがうり(果実、生)

120

ジンジャー(練り)

120

にがうり(果実、油いため)

110

しいのみ(生)

110

ホースラディシュ(根)

110

玉露

110

みずかけな(とうな、生)

95

あまのり(焼きのり)

95

ししとうがらし(生)

90

めキャベツ(ゆで)

90

レモン(全葉)

90

とうがらし(葉、生)

85

ししとうがらし(油いため)

80

ピーマン(油いため)

80

いちご

80

キウイフルーツ

80

かぶ(葉、生)

75

こまつな(葉、生)

75

からしな(茎葉、生)

70

だいこん(まびき菜)

70

だいこん(葉、生)

70

のびる(りん茎葉)

70

ひのな(根・茎葉、生)

70

かき(甘がき)

70

きんかん(果皮)

70

パプリカ

70

カリフラワー(生)

65

すぐきな(葉)

65

たかな(葉)

65

つるむらさき(葉、ゆで)

65

とうな(葉、ゆで)

65

ほうれんそう(葉、生)

65

パパイア(完熟果)

65

のざわな(葉、塩漬け)

60

ひのな(根・茎葉、塩漬け)

60

みずがらし(茎葉)

60

オレンジ(ネーブル)

60

抹茶

60

さやえんどう(生)

55

ショルダーハム

55

あしたば(葉、生)

55

おおさかしろな(葉、塩漬け)

55

からしな(葉茎、塩漬け)

55

しそ(葉)

55

れんこん(生)

55

かき(渋抜きがき)

55

ロースベーコン

50

ロースハム

50

プレスハム

50

混合プレスハム

50

たいさい(葉、生)

50

たいさい(葉、塩漬け)

50

とうがらし(葉、油いため)

50

のざわな(葉、生)

50

ブロッコリー(ゆで)

50

よめな(葉)

50

 

 


 

トップへ戻る