ビタミン不足を防ぐ工夫

ビタミン不足を防ぐ工夫

 

 

ビタミン不足予防には加工食品を少なめに

 

ハンバーガーやインスタントラーメンなどは、塩分、糖分や脂肪分が多く含んでおり、ビタミン類はほとんど含まれていませんのでビタミン不足になりやすいです。

 

ビタミン不足予防には野菜料理を必ず一品

 

毎食、野菜料理を一皿食べましょう。緑黄色野菜にはさまざまなビタミンが含まれています。炒めたり手早くゆでると、たくさん食べられるうえ、淡色野菜中心のサラダよりもビタミンが豊富です。

 

1日に緑黄色野菜100g、淡色野菜200g、いも類100gを摂取することがビタミン不足予防に望ましいでしょう。

 

ビタミン不足予防には果物を1日一回

 

季節のさまざまな果物を何種類か少しずつ組み合わせて、できれば1日の活動を開始する朝に摂取するのがビタミン不足に効果的です。

 

ビタミン不足予防には甘いものやお酒は控えめに

 

糖類やアルコールの代謝にはビタミンが必要です。お菓子の間食やお酒で食事が中途半端になると、ビタミンが不足ふることが多くなります。

 

お酒を飲む時は、野菜料理をおつまみに加えましょう。

 

ビタミン欠乏症

 

 


 

トップへ戻る