ウコンの飲み方|ウコンは1日2〜3gを目安に摂取

ウコンの飲み方|ウコンは1日2〜3gを目安に摂取

 

ウコンを健康維持の目的で摂取する場合、ウコン換算で成人1日当たり2〜3g摂れば十分です。

 

何でも適量というものがあって、クルクミンは食べ物としての歴史が長く副作用の報告こそありませんが、やはり摂取のしすぎはよくないでしょう。

 

体内の酸化・還元作用はバランスが大切ですから、特定の抗酸化成分だけ摂取するのはおすすめできません。

 

抗酸化成分はクルクミンのほかにもビタミンCビタミンE、β-カロチン、フラボノイド、カテキン、アントシアニン、リグナンなど多数あるのでバランスよく摂取することが望ましいです。

 

活性酸素を除去|抗酸化作用を補う食品

 

それぞれに特徴があり作用のメカニズムも違いますから、いろいろなものを食生活の中で摂っていくことが理想です。

 

 

例えば、城を囲む城壁は一部分だけ高くして、他が低かったら、敵は低いところから簡単に侵入してしまいます。

 

抗酸化成分も同じで、どこかが突出するのではなく全体の高さをほぼ一緒にそろえて防御壁を築く必要があるのです。クルクミンはウコン特有の成分で、ほかの食品からは摂取できません。

 

ただ、ウコンを使ったメニューというと身近なところではカレーですが、毎日食べるわけにもいきません。効率的にクルクミンを摂取するにはサプリメントを使うのも一つの手段です。

 

食品として長い歴史と経験的な機能性があるウコンは、日常的に摂取して安全かつ確かな機能があるものとして非常に期待できると思います。

 

ウコンを摂取する際に気をつける点は、副作用の報告はありませんが、摂りすぎに注意してください。

 

それから一部、アルコールの分解促進作用などについては即効性があるともいわれていますが、薬とは違って効果がすぐにでるものではありませんので、最低3ヶ月以上は摂り続けてほしいと思います。

 

ウコンの過剰摂取による副作用

 

 


 

トップへ戻る