お茶の歴史

お茶の歴史

 

お茶の原産地は、中国雲南省南部という説が有力です。最初は喫茶の風習がなかったらしく、もっぱら食用にされていたようです。

 

今でもこの周辺地域では、お茶の葉を漬物にして食べたり、その漬物を乾燥して飲み物にしたりする風習がみられます。

 

 

日本に喫茶が伝わったのは平安時代初期で、唐に留学していた僧侶が持ち帰ったといわれています。

 

『日本後紀』には入唐僧(にっとうそう)のひとり、永忠が嵯峨天皇にお茶を献じたという記録が残っていますが、これが日本で最古の喫茶の資料です。

 

 

しかし、当時伝わったのは「団茶」といって、板状に固めたお茶を火にあぶってから削り、お湯で煮る方法です。

 

嵯峨天皇はお茶の栽培を命じましたが、広まるには至りませんでした。

 

 

鎌倉時代になり、僧・栄西(えいさい)が宋から抹茶法と茶種を持ち帰ったことで、日本のお茶の歴史は事実上のスタートを切りました。

 

最初は寺院などで薬用に飲まれるだけでしたが、だんだんに嗜好品として好まれるようになり、景品をかけて競う闘茶や、茶の湯の文化を生んでいきます。

 

 

江戸初期になると、僧・隠元によって煎茶法がもたらされ、お茶を飲む風習が一般に広まっていきました。

 

 

 

 


 

トップへ戻る