お茶のおいしい入れ方

お茶のおいしい入れ方

 

よいお茶の葉を使っても、水が悪いとおいしいお茶はいれられません。まず、カルシウム、マグネシウムの多い硬水は避けることです。

 

水道水のカルキ臭は、やかんのふたを開けたまま、しばらく沸騰させて抜きます。

 

 

電気ポットの場合は、再沸騰の機能を利用して、2回沸騰させましょう。カルキ臭はくみおきしても抜けるので、前の晩にくんでおくのもよい方法です。

 

お湯はいったん沸騰させたあと、それぞれのお茶に適した温度まで冷まします。

 

 

玉露の場合は50〜60℃のお湯を注いでから2〜3分、煎茶は80℃ぐらいのお湯で、1分ぐらいおいてからつぎます。

 

番茶、ほうじ茶、玄米茶は沸騰したままの熱湯を注ぎ、30秒ほどおくのが目安です。

 

 

つまり、よいお茶ほど低い温度でゆっくりいれるのです。

 

お湯の量も、玉露や上煎茶にはあまりたくさん注がず、少量いれて甘みや香りを楽しみます。

 

 

お茶の葉をなるべくたっぷり使うことも、おいしく飲むコツです。1煎目でお茶の有効成分やうまみの60〜80%が出てしまうので、せいぜい3杯目でお茶の葉も替えましょう。

 

また、お茶は酸化すると香りや色が悪くなります。封を切ったら密閉容器に入れ、冷蔵庫で保管します。

 

 

 

 


 

トップへ戻る