見直されてきたお茶の効能

「へそで茶を沸かす」「お茶を濁す」「お茶をひく」「茶々を入れる」「お茶の子さいさい」・・・。お茶に関係した言い回しはたくさんあります。これは、お茶がそれだけわたしたちになじみ深いものである証拠です。

 

当初、薬として日本に入ってきたお茶は、やがて茶の湯や闘茶などの趣味、あるいは嗜好品として楽しまれるようになっていきました。最近では、またお茶の効能が見直され始めています。

 

お茶の持つさまざまな効能が注目を集めています。生活のなかに積極的に取り入れてみましょう。

 

 

 

重要なカテキン

 

重要なカテキン緑茶の味を構成しているのは主に、うまみ、苦み、渋みの3つですが、うまみのもとになっているのは、アミノ酸の一種であるテアニンとグルタミン酸です。

 

苦みはカフェインによるもので、疲労回復作用や覚醒作用をもたらしてくれます。胃腸を刺激して消化液の分泌を促す働きもあります。

 

意外なことに、コーヒー豆と緑茶の茶葉を比べると、緑茶のほうがずっと多くのカフェインを含んでいるのですが、飲む段階になるとその量は逆転します。しかも、それがカテキンやテアニンの影響を受けて、さらにゆるやかな効きめをもたらしてくれます。

 

 

また、お茶の渋みのもとになるのがタンニンの一種、カテキンです。最近、お茶が高血圧や糖尿病によい、がんを予防する、と注目を集めています。

 

その中心的な働きをしているのが、このカテキンです。カテキンはまた、腸の粘膜を刺激して炎症を鎮める作用や殺菌作用など、たくさんの有益な働きをします。そういう意味で、カテキンはお茶の成分のなかで一番健康に役立つものといってもよいでしょう。

 

また、日本茶には紅茶にはないビタミンCがあり、動脈硬化の予防に効果があるといわれる葉緑素も含まれています。カリウムやマンガン、ヨードなどの微量ミネラルは血圧を下げたり、新陳代謝を促す作用があります。

 

ミネラルの種類と効果

 

そのほか、ビタミンAの一種であるカロチン、フッ素、血圧を下げるというギャバ(ガンマアミノ酪酸)など、有効成分には事欠きません。

 

単体でも十分有益なこれらが、組み合わされることによってさらに強力に健康を後押ししてくれるのです。

 

 

病気に対する効能をうたった健康食品は数多く出回っています。しかし、それがどんなに有効であっても、まずかったり、値段が高かったり、調理に手間がかかったりしたのでは長続きしません。

 

ありがたいことに日本茶は、値段も手ごろで、おいしく、しかも手軽にいれられるため、わたしたちの生活にしっかり根を下ろしています。お茶を単なる嗜好品と考えるのではなく、もっと積極的に付き合っていきたいものです。

 

お茶の効能記事一覧

お茶の種類と主な成分

お茶の種類植物としての茶は、中国種とアッサム種の2つに大別できます。アッサム種からは紅茶がつくられ、中国種からは緑茶やウーロン茶がつくられますが、遺伝的にはほぼ同じ品種で、そう大きな違いがあるわけではありません。それ以上に大きいのが、製法の違いなのです。製法からみると、紅茶などは発酵茶、緑茶は不発酵茶、ウーロン茶などはその中間の半発酵茶ということになります。発酵茶は摘み取った葉をしおれさせてよくも...

お茶の効能 お茶には病気を予防する効果があります!

お茶のがん予防に対する効果静岡県のお茶の産地では、胃がんによる死亡率が全国平均よりずっと低いことが報告されています。この傾向はほかのがんにも当てはまります。この地域の人たちは総じて、全国平均の5倍から7倍のお茶を飲んでいます。お茶にがんを予防する効果があること、なかでも渋み成分であるカテキンが大きな役割を果たすことは、実験などから確かめられています。がんの発生には、突然変異を起こす発がん物質などが...

お茶に含まれるカテキンやフッ素、フラボノイドやテアニンの効果効能

さまざまなお茶の効能がんの予防や高血圧の予防のほかにも、日本茶にはさまざまな効能があります。お茶の効能 お茶には病気を予防する効果虫歯の予防緑茶のなかのフッ素は歯の表面を保護し、またカテキンは虫歯菌を殺し、歯垢をつくりにくくする作用があるので、虫歯の予防に役立ちます。口臭を防ぐフラボノイドが口臭を防ぐのは有名ですし、カテキンには口臭のもととなる細菌を死滅させる作用があります。食後にお茶を飲む習慣は...

お茶のおいしい入れ方

よいお茶の葉を使っても、水が悪いとおいしいお茶はいれられません。まず、カルシウム、マグネシウムの多い硬水は避けることです。水道水のカルキ臭は、やかんのふたを開けたまま、しばらく沸騰させて抜きます。電気ポットの場合は、再沸騰の機能を利用して、2回沸騰させましょう。カルキ臭はくみおきしても抜けるので、前の晩にくんでおくのもよい方法です。お湯はいったん沸騰させたあと、それぞれのお茶に適した温度まで冷まし...

お茶の歴史

お茶の原産地は、中国雲南省南部という説が有力です。最初は喫茶の風習がなかったらしく、もっぱら食用にされていたようです。今でもこの周辺地域では、お茶の葉を漬物にして食べたり、その漬物を乾燥して飲み物にしたりする風習がみられます。日本に喫茶が伝わったのは平安時代初期で、唐に留学していた僧侶が持ち帰ったといわれています。『日本後紀』には入唐僧(にっとうそう)のひとり、永忠が嵯峨天皇にお茶を献じたという記...

食べるお茶 お茶の葉そのものを食べるのが効果的!?

緑茶にはいくつもの優れた成分が含まれていますが、カロチン、ビタミンE、食物繊維などは、お湯を使っていれたお茶ではとることができません。食物繊維は便通を促し、大腸がんを予防してくれます。クロロフィル(葉緑素)やカロチン、ビタミンEもがんの防止に役立つといわれています。これらをむだなくとるには、お茶の葉そのものを食べるのが一番です。マウスを使った動物実験の結果を人間に当てはめると、必要量は6〜8gで、...

トップへ戻る