化粧水じゃダメ!乾燥小じわに効果的なオススメの化粧品は?

化粧水じゃダメ!乾燥小じわに効果的なオススメの化粧品は?

化粧水じゃダメ!乾燥小じわに効果的なオススメの化粧品は?

 

入浴後や化粧水などで肌をしっとりさせたときに小じわが消えるなら、乾燥が原因です。


 

肌は何層かに分かれていて、そのなかでも肌の表面側にある「表皮」肌の潤いを保つのに大きく貢献しています。

 

ところがその表皮にある保湿成分や皮脂は、間違ったスキンケアをしてしまったり、年齢が進むことによって失われてきて、その結果、肌の乾燥を招いてしまい、乾燥小じわとなってしまいます。

 

小じわの段階で積極的に保湿を行うなどの対処をすればシワの進行を食い止めることはできるのですが、乾燥小じわを放っておくと内部の水分はどんどん蒸発し、ダメージが肌内部まで到達して、大じわが出来上がってしまいます。

 

乾燥小じわ対策は少しでも早くすることが大切です。

 

そんな弱っている肌に、さらにとどめを刺してしまうのが表情筋です。動き・緊張によって招かれる表情じわです。長く繰り返してきた表情の変化によって表情筋は固く緊張して、癖がつきやすく小じわになってしまうのです。

 

表情筋を鍛えましょう。口を大きく開け、今度は思い切りつぼめます。開ける口には「あ」、「い」、「え」があり、つぼめる口には「う」と「お」があります。色々組み合わせると、様々な鍛え方が出来ます。

 

 

乾燥小じわに効果的なオススメの化粧品

 

小じわで悩む人は多いですよね。中でも乾燥小じわができる原因は、表皮のいちばん上にある角質層が乾燥するからです。この程度の小じわなら保湿効果のある化粧品でケア可能です。

 

 

目の周り(目尻)や、口の周りに小じわが増えてきたと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。そんな乾燥小じわで悩んでいる方には、実は化粧水というのはオススメできない化粧品です。

 

なぜかといいますと、乾燥小じわの改善に一番必要な、保湿のスキンケアが化粧水ではほとんどできないからです。

 

 

ここだけの話、化粧水には保湿効果はほとんどありません。化粧水というのは、いわゆる水分ですので、肌につけた瞬間からどんどん蒸発していきます。

 

例えば唇が乾燥したときに、唇をペロッと舐めると一時的にシットリしたような感じがしますよね。でもその後すぐにまた唇は乾燥します。それと同じ状態が肌の上でも起こるのです。

 

 

どんなにいい保湿成分が含まれていても、化粧水自体が蒸発していきますので、肌の奥までしっかりと保湿成分を届けることは難しいんですね。また、最強の保湿成分であると呼ばれるセラミドは、水溶性ではありませんので化粧水には含まれません。

 

では、どういった化粧品を使えば、肌をしっかり保湿できるのでしょうか?おすすめはセラミド配合の美容液、もしくはオールインワン化粧品になります。

 

 

 

 

ただセラミドを配合していると、美容液は値段が高くなる傾向にあります。なので毎日、化粧水感覚で手軽にお手入れしたいということであれば、オールインワン化粧品がおすすめです。

 

 

 

 

 

 

そもそもどういった基準でオールインワン化粧品を選ぶと、乾燥小じわに効果的なものを選べるのかというポイントを3つご紹介したいと思います。

 

 

  1. コラーゲンが配合された化粧品を選ぶ
  2. 保湿効果が高い(セラミド・ヒアルロン酸)
  3. 全額全額返金保証がついたものを選ぶ

 

この3つのポイントに注意してオールインワン化粧品を選ぶようにすると、とてもシワに効果的なものを選ぶことができます。

 

 

小じわの原因となっているもの、それは年齢とともにコラーゲンがどんどん減っていくことや、乾燥、表情筋の衰えにあります。ですので、まずはコラーゲンを肌に補わなくてはなりません。

 

コラーゲンそのものが配合されたオールインワン化粧品を選ぶのはもちろん、コラーゲンの合成には欠かせないビタミンCが配合したものがオススメです。

 

 

また、肌が乾燥するとコラーゲンがとても壊れやすくなります。ですので、お肌はしっかりと保湿しましょう。

 

肌を保湿するには、セラミドやヒアルロン酸など効果の高い保湿成分が必ず配合されたオールインワン化粧品を選ぶようにしてください。

 

もし、実際に使ってみて「お肌に合わないな〜」と感じても、全額返金保証がついていたら、お金を返して貰えますので安心して試すことができますね。

 

 

 

紫外線にあたってできた小じわ

紫外線にあたってできた小じわ

 

紫外線にあたってできた小じわは、それ以上深くならないように紫外線対策をしましょう。

 

小じわを放置して、大じわになると、保湿化粧品のみで簡単にケアすることはできません。

 

大じわというのは、表皮の下にある真皮のコラーゲン(膠原繊維(こうげんせんい))やエラスチン(弾力線維)が、紫外線を浴びることによって破壊され、弾力を失い、なかなか元に戻ることができなくなるためにできてしまいます。

 

農家の畑仕事や漁師の人達など、屋外で長く働いてきた人に刻まれたような深いシワがあるのはそのためです。

 

ですので、シワをつくらないためには、紫外線をカット(UVカット)するのが最善の方法となります。

 

シワを予防するには、UVカット剤は毎日使うコスメで、夏だけではなく一年中必要です。冬の紫外線も甘く見てはいけません。

 

 


 

トップへ戻る