シミを薄くする裏技!美白剤と○○を一緒に使うことで効果的にシミに効く!

シミを薄くする裏技!美白剤と○○を一緒に使うことで効果的にシミに効く!

シミを薄くする方法|美白剤と一緒に使うことで効果的にシミに効く方法とは?

 

シミを薄くする裏技!美白剤と○○を一緒に使うことで効果的にシミに効く!

 

シミを薄くするには、美白剤と一緒に、ビタミンC・Eやトラネキサム酸を長期間、内服するのが一般的です。

 

四物湯(しもつとう)や温清飲(うんせいいん)などの漢方薬もよく用いられます。

 

シミはしだいに薄くなり目立たなくなっていきますが、効果の程度には個人差がありますし、完璧に消すのは無理です。

 

そこでより効果的に美白剤でシミを薄くする裏技を紹介したいと思います。

 

この方法は、シミを薄くするスピードが早くなるのと同時に、肌を白くする時短美白法でもあります!

 

シミを薄くする美白剤の効果的な使い方

 

できてしまったシミを薄くする美白剤の効果的な使い方があります。

 

フルーツ酸をご存知でしょうか?フルーツ酸を美白剤と一緒に使うことで、より効果的にシミ・そばかすを薄くすることができます。

 

フルーツ酸とは、アルファヒドロキシ酸(AHA)の俗称です。フルーツから抽出されることが多いのでそう呼ばれています。代表的なのは乳酸やグリコール酸などです。

 

 

美白剤を使う前に、これらフルーツ酸(AHA)が配合された美容液や洗顔料を事前に使うと、角質細胞同士の結合をゆるめるので、美白成分の浸透も高まのです。

 

またフルーツ酸にはメラニン排出を促進する作用もあるので、フルーツ酸と美白剤を併せて使えば、とても効果的で、シミを薄くするスピードが早くなります。

 

 

そこでオススメしたい美白剤が、美白成分×フルーツ酸が配合された「W効果」でアプローチしてくれる「ソシア / リメンバーリンクス ホワイトジェル」です。

 

フルーツ酸で角質細胞同士の結合をゆるめ、美白有効成分の水溶性プラセンタエキスが、古い角質が落ちた肌に効率よく浸透し、透明感のある若々しい美肌へ導きます。

 

リメンバーリンクス ホワイトジェルなら、優しくピーリングしながら美白ケアまで1本で完了します。

 

 

また、フルーツ酸は食材からも摂取することができます。

 

フルーツ酸(AHA) 含まれている食材
グリコール酸 たまねぎ、さとうきび
乳酸 サワーミルク
シトラス酸 柑橘類
リンゴ酸 りんご
酒石酸 ぶどう

 

シミをつくりそばかすを悪化させる紫外線は、肌の老化も早めます。紫外線を避け、適切なスキンケアを行って、肌を守りましょう。

 

メラニン色素がいったん皮膚に沈着してしまうと、除去するのは容易ではありません。できてしまったシミを治療することより、紫外線を浴びないようにシミをつくらないことが大切です。

 

正しいスキンケアを続けるだけでなく、トラブルが生じたときには、迷わずに早めに皮膚科の専門医にみてもらったほうがよいでしょう。

 

 

シミとは?

 

シミは、30歳以上の女性のほおや目のまわり、額などにできる色素沈着です。境界のはっきりした淡い茶色のシミが、左右対称に発生します。大きさや形はさまざまで、かゆみや発赤などの症状はありません。

 

シミは、表皮細胞のメラニン色素の量が増え、沈着するために起こりますが、なぜそうなるのかはわかっていません。

 

妊娠、月経異常、卵巣の病気や機能異常、経口避妊薬の長期連用などが引き金になることが多く、女性ホルモンが影響していると考えられています。日光を浴びると悪化の要因になります。

 

シミの多くは慢性化します。排卵から次の月経開始までを黄体期といいますが、この期間やストレスが増えたときに、色が濃くなる傾向がみられます。妊娠によるシミは、出産すると治ります。

 

 

シミの作られ方

 

皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層に分けられます。

 

一番上にある表皮はさらに、基底層、有棘層、顆粒層、角質層に分けられ、基底層で生まれた細胞は表面に向かって移動し、28日目ぐらいに垢となってはがれ落ちます(ターンオーバー)。詳しくは肌の構造|美肌を保つ新陳代謝(ターンオーバー)をご覧ください。

 

紫外線を浴びると、基底層にある「メラニン産生細胞」が皮膚を保護するために黒褐色のメラニン色素をつくり、近くの細胞に供給します。

 

通常メラニン色素は細胞とともにターンオーバーによって体外に排泄されるのですが、紫外線を何度も浴びたりすると、メラニン色素が多量に、またいつまでもつくられ続けます。

 

その結果、沈着を起こし、シミやそばかすになってしまうのです。

 

なお、メラニンの量は紫外線だけでなく、ホルモンや精神的ストレスなどによって左右されることが多くあります。

 

 

メラニン色素が皮膚に沈着

 

シミもそばかすも、メラニン色素が皮膚に沈着したものです。

 

そばかすは医学上の雀卵斑(じゃくらんはん)という病名に相当しますが、シミは医学的な概念と一般的なイメージに少々ズレがあります。

 

皮膚科医がシミというときは、30歳以上の女性の顔にできる肝斑(かんはん)や、高齢者の顔や胸、背中、腕などにできる老人性色素斑をさし、私たちがシミと考えている日焼けや炎症後の色素沈着は含みません。

 

肌荒れは、皮膚の健康が損なわれた状態をさす俗称です。

 

 

色素沈着(シミ・そばかす以外)

 

真夏に大量の紫外線を浴びた後、肩や胸などに残る花びら状のシミを「光線性花弁状色素斑」、ナイロンタオルなどの摩擦によって皮膚をいためたために起こる「摩擦黒皮症」、化粧かぶれやニキビ、すり傷や切り傷の後にできる「炎症後の色素沈着」があります。

 

いずれも表皮にメラニン色素が沈着するもので、決定的な治療法はありません。

 

 

シミと「くすみ」の違い

 

シミは紫外線を浴びることでメラニン色素が沈着して起こるものですが、くすみができる原因の最も多い原因は血行不良です。

 

血行不良になると血液中の二酸化炭素が増えるため、血液の色が悪くなり、肌の色も暗くなります。やさしくマッサージしたり、全身の血行にも気を配ります。

 

汚れのために古い角質層がはがれずにとどまってる場合は、より丁寧に洗顔と保湿を行ないましょう。

 

メラニンの吸収が多すぎて、くすむこともあります。日焼け止め剤を使って、余分なメラニンの吸収を避けましょう。

 

 

シミと「そばかす」の違い

 

色は淡褐色から黒褐色、大きさは粟粒大から小豆大の点状の色素斑で、左右のほおを筆頭に、顔、腕、肩、背中など日光を浴びやすい場所に発生します。

 

シミと違い、そばかすは人種によるものが多く、人種別では白人に多く、日本人でも色白の人によくみられます。遺伝なので、同一家族内に多発します。

 

5〜6歳ごろに生じ、しだいに色が濃くなって、思春期がもっとも顕著です。ふつう30歳を過ぎると色調が淡くなりますが、生涯変わらない人もいます。

 

日光の照射時間が長い春から夏にかけて濃くなり、数も増える傾向がみられます。

 

そばかすは、薬で根治することは難しいものの、ビタミンCの内服などで薄くなり、多少は目立たなくなります。

 

 


 

トップへ戻る