ダブル洗顔はなぜ必要なの?美肌を保つ正しい洗顔方法とは?

 

皮膚の表面には無数の凸凹やしわがあり、しかも水分と脂からなる皮脂膜に覆われているため、土や砂、花粉など空気中のちりやほこりが容易に付着し、肌を汚します。

 

また、化粧品が残ることもあります。これらの汚れと表皮の新陳代謝で、朽ち果てていく角質片や皮脂などが一緒になり、肌を不潔にします。

 

皮膚の汚れのうち、ほこり、ちり、汗などは水で落ちますが、皮脂や化粧品の汚れは水で落ちにくいものです。そのため、水だけで洗い流すのではなく、洗顔料を使用して清潔にします。

 

洗顔は、朝晩の2回行なうのが基本です。

 

 

ダブル洗顔はなぜ必要なの?

 

 

顔の洗い方は、まず、両手をぬるま湯でぬらし、洗顔せっけんなどの洗顔料をよく泡立てて顔につけます。

 

このとき、ごしごしこすらず、やさしく肌を包み込むようなつもりで行ないます。鼻のまわりは上下に、ほおはらせんを描くように指をていねいに動かします。

 

軽くマッサージするつもりで行なうと効果的です。強くマッサージをすると、角質層を傷つけるおそれがあるので避けましょう。

 

同じ理由で毛穴の汚れをとるためによく使われるフェイスブラシや洗顔パフなどの洗顔用品は、慎重に選ぶことが大切です。

 

どうしても力が入りやすくなってしまうので、手で洗顔するときと同様、よく泡立てたものをなるべくソフトにあてて使います。

 

毎回使う必要はなく、むしろ使用頻度を控えめにしましょう。

 

夜の洗顔は、メイクをしなかった日は朝と同じく洗顔料だけでよいのですが、メイクをした日は洗顔前にクレンジング剤を必ず使いましょう。

 

メイクアップ化粧品には多くの油分や顔料が含まれているので、クレンジング剤(メイク落とし)の油分に混ぜてなじませ、浮き上がらせてとり除きましょう。

 

クレンジングはベースメイクの濃さに合わせて選びます。「ベースメイクの薄い日」と「ベースメイクの濃い日」でクレンジング剤を使い分けるというがオススメです。

 

メイクが落ち切らず肌に残ってしまうことは、肌への負担となりうるので、しっかりベースメイクを落とせるクレンジング剤を選びましょう。

 

 

クレンジング剤には拭きとるシートタイプと、洗い流すオイル・リキッド・ジェルタイプなどがあります。

 

どちらを使用してもよいのですが、一般に、拭きとるときに力を入れすぎてしまう傾向があるので、洗い流す方が無難です。この場合もできるだけぬるま湯を使い、よく洗い流すことが大切です。

 

ただし、クレンジング剤の油分はいくら洗い流しても、完全にはとれずどうしても肌に残ります。そのため、洗顔料でもう一度油分をとり除く必要があるのです。これを「ダブル洗顔」といいます。

 

 

正しいダブル洗顔方法と洗顔のポイント

 

 

ダブル洗顔はなぜ必要なの?美肌を保つ正しい洗顔方法とは?

 

正しい洗顔のポイントは、汚れをきちんと落とし、角質層を傷つけないことです。原則として朝と夜の1日2回、手の平でやさしく 「らせん円」 を描くように洗います。

 

朝の洗顔は、眠っている間にたくさん出た皮脂の汚れをキレイに落とすことが目的です。

 

石鹸や洗顔料を細かい泡になるまでよく泡立て、その泡で包み込むようにして鼻のまわりは上下に、頬はらせんを描くように軽くやさしくマッサージするつもりで洗いましょう。

 

 

メイクをした日の夜は、必ずダブル洗顔が必要です。(W洗顔不要のクレンジングを使う場合には当てはまりません)

 

まず、クレンジング剤でメイクの油性成分をキレイに落とし、次に、そのクレンジング剤の油分を落とすために石鹸や洗顔料でキレイに洗います。

 

洗い流すタイプのクレンジング剤を使ってぬるま湯ですすぐと、汚れがよく落ちます。

 

ノーメイクの日は、朝と同じ洗顔法で十分ですが、Tゾーンなど脂っぽい部分だけダブル洗顔してもよいでしょう。

 

肌荒れを予防し、美肌を保つには正しい洗顔方法を知ることが大切です。

 

 


 

トップへ戻る