カリウムの働き・効果|不足しがちな栄養素なのでサプリメントなどで摂取

 

カリウムの働き・効果|不足しがちな栄養素なのでサプリメントなどで摂取

 

カリウムの血圧を下げる働き

 

カリウムは生命の維持に欠かすことのできない栄養素です。ナトリウムとともに神経・筋肉の機能を正常に保ち、浸透圧を調整する働きを有してしています。

 

カリウムが不足すると、細胞内にナトリウムが増加し、特に心臓を動かす筋肉に影響を与え、不整脈や心伝導障害を引き起こす要因となります。

 

また、糖尿病、高血圧、ストレス、食欲不振、筋力低下むくみなどの原因となります。

 

国家プロジェクトとして展開されている健康作り運動、「健康日本21」には、国民の健康のためのさまざまな目標値が設定されていますが、その中の一つに「成人1日あたりの平均カリウム摂取量を3.5以上に増加させる」との目標値があります。

 

カリウムを多く摂っていると、血圧が低くなる効果があるとのデータから、設定された目標値です。

 

そしてこれに関連して、カリウムや食物繊維、抗酸化ビタミンなど、これらの栄養素を満たすためには、野菜を350g〜400g摂取するとよいとのことで、「成人1人あたりの野菜の平均摂取量を増加目標値:350g以上」という目標値もあります。

 

「1日350g」の野菜という言葉を野菜ジュースのCMなどでよく見かけるようになりました。さまざまな種類の野菜を毎日350g以上食べるのは、結構大変です。

 

カリウムを多く含む食品は、海藻類、ホウレンソウ、リンゴ、バナナ、ピーナッツなどです。

 

 

カリウムはサプリメントで摂取すべき?

 

カリウムは重要な栄養素ですが、一般に、摂取量は不足気味といわれています。果物に多いというイメージが強いカリウムですが、野菜などにも多く含まれていますから、果物がきらいな人は即、サプリメントで摂取すべき、ということはありません。

 

しかし、カリウムは十分な量を通常の食事で摂取するのが難しい栄養素でカリウム不足になりがちなのも事実ですから、サプリメント、野菜ジュース類、イオン飲料、特定保健用食品を活用する必要性が高い栄養素ともいえます。

 

治療中の病気がなく、飲んでいる薬もない人では、サプリメントや野菜ジュースなどを上手に利用するとよいでしょう。

 

カリウムを多く含むサプリメント

 

サプリメントとしては、カリウムを主成分とする商品の数はあまり多くありませんが、むくみによいとされる商品に含まれていることがあります。

 

クロレラやスピルリナ、青汁などには、大きく表示されていなくても多くのカリウムが含まれていることがあります。

 

 

ただし、血圧を下げる薬を飲んでいる人は、過剰摂取にならないように、サプリメントの利用については医師に相談をしましょう。

 

 

カリウム摂取を控えめにすべき人

 

血圧が高い人もカリウム摂取を習慣に…と言いたいのですが、実は血圧を下げたりする薬の中には、カリウムがからだの外に出て行くのを抑えてしまうものがあります。

 

ACE阻害薬、ARB、カリウム保持性利尿薬といったグループの薬ですが、これらの薬を飲んでいる人が、野菜ジュース、青汁やクロレラなどのカリウムを多く含む食品やサプリメントを摂ると、血液中のカリウムの量が多くなり過ぎて問題になります。

 

「血圧が高めの方」の特定保健用食品の成分の中には、血液中のカリウム濃度に影響を及ぼす可能性のあるものもあり、注意が必要です。

 

しかし、一般的な利尿薬なと血液中のカリウムを少なくしてしまう薬を飲んでいる人は、カリウムを多く摂ったほうがよいわけです。

 

ただし、カリウムは腎臓で代謝されるので、腎機能が低下している場合は注意が必要です。

 

野菜ジュース一つでも、薬を服用している人や心臓や腎臓に病気がある人などは、その摂取に関しては医師や薬剤師に確認をしましょう。

 

服用中の薬によっては血液中のカリウム濃度が上がったり、下がったりすることがあり、注意が必要です。下がる薬を服用する場合は、積極的なカリウム補給を。上がる薬剤を服用中の場合は、サプリメントからのカリウムの摂取は避けましょう。


 

トップへ戻る