ニンニクの効果|アリシンとビタミンB1が結びついてパワーアップ?

ニンニクの効果|アリシンとビタミンB1が結びついてパワーアップ

 

ニンニクのアリシンとビタミンB1が結びついてパワーアップ

 

ニンニクは、中央アジア〜西アジア原産のユリ科の植物。古くから、強壮作用、疲労回復作用をもつことが知られています。

 

ニンニクには、ビタミンB1ビタミンB6ビタミンC葉酸カリウムミネラル(リン、亜鉛、銅など)、炭水化物、タンパク質などのほか、アリインという成分が含まれています。

 

アリインは、そのままでは無臭ですが、切ったり、すりつぶしたりして細胞が壊されると、酵素(アイリナーゼ)の働きでアリシンとなり、これが、ニンニク独特のにおいを発するようになります。

 

また、アリインは空気に触れると二硫化アリルなどに変化し、抗菌作用を示します。

 

さらにアリシンは、ビタミンB1と結びついてアリチアミンという物質になります。これは、水や熱などにも強く、吸収されやすく、さらにはからだの中で利用されやすいというメリットを持っており、疲労回復と強壮効果が期待できます。

 

アリチアミンは腸管からの吸収が極めてよく、血中でのビタミンB1濃度の上昇が顕著で長時間つづくという特徴があります。

 

これは、糖と脂肪酸を燃料にして長時間エネルギーを作ることができるという意味になります。疲労したカラダにエネルギーを長時間補充してくれるのですから、疲労回復を助けてくれるのですね。

 

関連:ニンニクの効果的な食べ方

 

 

大量摂取は避けるべき人 薬剤の作用に何らかの影響も

 

近年、ニンニクには、血液の流れを改善し、血栓(血のかたまり)をつくりにくくする作用があることも明らかになりました。

 

血栓予防の効果も期待されるところですが、血栓をつくりにくくする薬と併用すると、両者の作用が重なって、出血しやすくなる、出血が止まりにくくなるなどの症状があらわれることが考えられるので、併用は避けましょう。

 

また、ニンニクには、血圧や血糖値を正常に保つ働きがあるともいわれます。しかし、高血圧や糖尿病で治療を受けている場合は、血圧や血糖値のコントロールがうまくいかなくなるおそれもあるため、医師や薬剤師に相談するようにして下さい。

 

薬の作用に、何らかの影響を及ぼす可能性は高く、注意が必要です。

 

 

いずれの相互作用についても、食事の中で普通に食べる程度であれば心配はないと思われます。しかし、病気の治療中に「元気をつけよう」とサプリメントやドリンク剤などでニンニクを摂る場合は注意をしましょう。

 

ニンニクを口にするときには、においだけでなく、飲んでいる薬や今の症状に対する影響にも、十分配慮することが大切です。

 

 

ニンニク注射ってどういうもの?

 

ニンニク注射とはいいますが、実際に本物のニンニクが入っているわけではありません。

 

ニンニク注射に配合されている成分は、医療機関によって若干異なりますが、ビタミンB1を中心とするビタミンと、ブドウ糖が主成分です。

 

ニンニクのようなにおいがしますが、これはビタミンB1中に含まれる硫黄によるもので、ニンニクのにおいではありません。

 

ビタミンB1の働きで、ブドウ糖がすみやかにエネルギーに変換されるため、「元気になった、やる気が出てきた」と感じるのではないかと思われます。

 

中には、「ニンニクを注射してもらっている」というイメージだけでも、元気になったような気がしている人もいるかもしれません。

 

「ニンニク = スタミナ = 元気」というイメージが定着していますよね。


 

トップへ戻る