クロレラの効果と副作用について

クロレラの効果と副作用について

クロレラの効果と副作用について

 

クロレラの効果と副作用について

 

クロレラとは、沼や湖などの淡水に自生する藻類のことをいいます。名前は「緑色の小さな生物」を意味するラテン語に由来するといわれます。

 

クロレラの成分は、葉緑素(クロロフィルを豊富に含み、タンパク質、脂質、糖質、食物繊維、ビタミン類(ビタミンB群、ビタミンK、カロテンなど)、ミネラル(カルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛カリウムなど)。

 

商品によって含有量に差はあるものの、実に多種多様な成分を含んでいることが知られています。

 

 

クロレラ製品のパッケージをみると、クロレラに含まれる成分の名前がずらっと並びます。タンパク質に始まって、ビタミンB2などのビタミン類、マグネシウムなどのミネラル、食物繊維、クロロフィルなど。

 

カラダに有用な栄養素がほとんどで、クロレラさえ摂っておけば、大丈夫なのではないか?という気さえしてきます。

 

 

現在のように、サプリメントブームになる前から、注目されていたのがクロレラです。サプリメントというよりも「健康食品」といったほうがしっくりする気もしますが、「○○に効いた」「○○が改善した」という「口コミ・体験談」満載のチラシをご覧になった方も多いでしょう。

 

しかし、その一方では「病気が治らなし」「体調が悪くなった」といった訴えを耳にすることもありました。

 

 

抗酸化作用や免疫活性化作用などがあるともいわれていますが、今のところ、その効果を裏づけるデータに乏しいのが実情のようです。

 

関連:活性酸素を減らす|抗酸化作用のある食べ物

 

現段階でのクロレラの位置付けは、「さまざまな栄養素を、バランスよく補給できる栄養補助食品」というところでしょう。

 

クロレラは野菜の摂取量が少ない人、偏食がちの人、外食が多い人などには効果が期待できそうです。

 

 

クロレラの副作用

 

大量にクロレラを摂取したり、あるいは体質的に合わないと、副作用を引き起こすようです。

 

代表的なものは、下痢と光線過敏症(日光に当たった部分が赤く腫れたり、かゆくなったりするもの)。このような症状が出ているにもかかわらず、病気が治ることを信じて摂取し続けていた例もあったと聞きました。

 

光線過敏症の原因はクロロフィルが分解されて生じるフェオホルバイド。春のアワビの内臓を食べたときにみられる光線過敏症もこの物質によるものと考えられています。

 

カロチンやビタミンEはこの副作用の発現を抑えるともいわれます。症状がみられたときはクロレラの摂取をやめ、医師・薬剤師に知らせて下さい

 

多くの栄養素を豊富に含むクロレラですが、それだけに、注意していただきたいこともあります。

 

まず、抗凝固薬のワルファリンを服用中の方。クロレラにはワルファリンの作用を邪魔するビタミンKが含まれていますから、一緒に摂ると薬の作用が弱まってしまうことがあります。

 

また、クロレラはカリウムを豊富に含んでいます。カリウムには血圧を下げる作用もありますが、ある種の降圧薬(ACE阻害薬、ARB、カリウム保持性利尿薬、カリウム補給薬など)を服用している場合は、血中のカリウムが増えて、筋力低下、不整脈、下痢などの症状があらわれてしまうこともあるのです。

 

鉄の含有量も多いことから、肝炎などで鉄の摂取制限をされている人、貧血などで鉄剤による治療を受けている人では、鉄が過剰になるおそれがありますから、注意が必要です。


 

トップへ戻る