カルニチンは脂肪燃焼する効果がありますが、それだけではダイエット効果はない!

 

カルニチンは脂肪燃焼する効果がありますが、それだけではダイエット効果はない!

 

カルニチンとは?

 

カルニチンなどのアミノ酸には、L体とD体があります。LとDは、構造式はまったく同じですが、配列が少しだけ異なります。

 

ちょうど右手と左手のような関係にあります。

 

カルニチンの場合、医薬品やサプリメントとして使われるのは「L-カルニチン」です。

 

D-カルニチンは、L体の作用を邪魔し、カルニチン欠乏を起こすことがあるためです。

 

 

ダイエットに効果的というカルニチン

 

カルニチンは、脂肪が燃えるときに必要な物質で、ダイエットサプリメントとして注目されるようになりました。

 

カルニチンが脂肪燃焼に不可欠というのは、どういうことでしょうか?

 

食事から摂取された脂肪は、消化酵素のリパーゼによって脂肪酸に分解されます。次に細胞内にあるミトコンドリア(エネルギーを生み出す所)に運ばれ、エネルギーに変換されます。

 

しかし、脂肪酸はそのままでは、ミトコンドリアの中に入ることができません。そこで活躍するのがカルニチンです。

 

脂肪酸はカルニチンと結合することでミトコンドリアの中へ入ることができるようになり、エネルギーに変換されるというわけです。

 

脂肪が脂肪酸に分解されてエネルギーに変されるとは、「脂肪が燃焼する」ということです。

 

カルニチンは脂肪燃焼の過程で重要な役割を果たしており、逆に言えはカルニチンがないと脂肪は燃焼されないということになります。

 

 

カルニチンだけではダイエット効果はない?

 

カルニチンはダイエットに効果的と説明しましたが、カルニチンだけでは脂肪は燃やせません。

 

カルニチンとともに必要なものが、もう一つあります。それは運動です。

 

先に説明した通り、脂肪がカルニチンと結合してミトコンドリア内に入るためには、「脂肪酸」の形に分解されなくてはなりません。この分解に関わる酵素が、脂肪細胞内のリパーゼ。

 

リパーゼが働くためには、運動などの刺激を脂肪細胞に与え、「脂肪を燃やせ」という指令を出させることが必要なのです。

 

運動はさらに、脂肪の燃焼そのものも助けてくれますから、やはり運動は必要です。残念ながら、飲むだけでは痩せることは難しいようです。

 

 

もし、運動しているのに痩せない、食事の量も控え、肉類は食べないのに痩せないという場合は、カルニチン不足なのかもしれません。

 

「○○をのむだけで痩せる!」「○○を食べるだけで痩せる!」といったダイエットは、難しくなかなか効果がでませんね。

 

カルニチンサプリメントをとりながら、適度な運動を心がけ、食生活にも気をつける、当たり前のようですが、結局はそれが確実なダイエット法といえるでしょう。

 

 

カルニチンは医薬品としても利用

 

ダイエット以外にも、カルニチンには脳の機能維持作用があるとする動物実験の結果もあり、疲労回復にも効果があるのでは?とも言われています。

 

カルニチンは体内でもつくられるアミノ酸ですが、その生成量は、年齢を重ねるにしたがって減ってしまいます。このことが、中高年になると太る、疲れやすくなる、物忘れをする、などの原因の一つではないかとの指摘もありますが、これらはまだ実験段階で、さらなる検証が待たれます。

 

なお、カルニチンには、胃酸や膵液の分泌を促す働きもあり、ドリンク剤や胃腸薬などの医薬品にも配合されています。

 

したがって、過剰摂取を避けるために薬の成分を確認をしましょう。特に、慢性肝疾患の方は使用を避けましょう。

 

 

カルニチンを豊富に含む食品

 

カルニチンを豊富に含むのが、ジンギスカン鍋に使わる羊の肉(マトンやラム)です。

 

牛肉や豚肉などの赤身の肉にもカルニチンは含まれますが、羊の肉には牛肉の3倍以上!

 

豚肉の5倍以上ものカルニチンが含まれるとするデータもあります。

 

ジンギスカン鍋では野菜も一緒に摂ることができることから、ダイエット志向と相まってブームを呼びました。


 

トップへ戻る