アルギニンの多彩な効果 摂取は控えたほうがよい場合とは?

 

アルギニンの多彩な効果とは?摂取は控えたほうがよい場合

 

アルギニンの効果で最もよく知られているのが、アンモニアの分解促進です。

 

私たちが、タンパク質やアミノ酸をエネルギー源として利用すると、からだの中では有害物質のアンモニアが生じます。

 

これを尿素という安全な物質に換える一連の流れを「尿素回路」といい、その中でアルギニンは重要な役割を果たしているのです。

 

アルギニンはまた、脳下垂体に働きかけ成長ホルモンの分泌を促します。医療現場では、アルギニンの注射液が、下垂体機能検査薬として用いられています。

 

免疫機能を高める、脂肪の代謝を促進するなどアルギニンには多彩な効果があると考えられています。さらなる研究の成果が待たれるところです。

 

 

アルギニンの摂取は控えたほうがよい人

 

さらにアルギニンは、構造中に窒素(N)を含み、分解されると一酸化窒素(NO)を生じます。このNOには、血管の平滑筋の緊張をゆるめる作用があり、血圧を下げる方向に働く効果があることもわかってきました。

 

このため、高血圧や狭心症の治療薬である硝酸薬(ニトログリセリンなど)を服用している人がアルギニンを摂取すると、作用が強くあらわれ、血圧が下がりすぎてしまう心配があります。

 

インスリンなどの血糖降下作用を強めるとの指摘もありますから、注意が必要です。

 

窒素を含む化合物の摂り過ぎは、腎臓に負担をかけることになります。腎臓に障害がある場合、アルギニンの摂取は控えたほうがよいでしょう。

 

 

最近は飲料にもアルギニンが配合されている

 

亜鉛、コラーゲン、テアニン・‥さまざまな成分を加えて次々と新商品が登場するペットボトル飲料。

 

メインとされる成分の下に、小さめの文字で「アルギニン○mg配合」と書かれているのを時々見かけます。

 

アミノ酸飲料だけでなく、スポーツ飲料、炭酸飲料、最近では緑茶にも。

 

どうしてアルギニン?

 

何社かのメーカーにきいてみると、「アミノ酸はからだに必要な栄養素なので」「今注目されている成分なので」という回答でした。

 

そのうち、1社だけ「疲労回復を助けるといわれているので」と回答しましたが、「効能・効果はうたえないことになっているので、一般論としてご理解を」とのこと。

 

アミノ酸の一種であるアルギニンは、タンパク質の構成成分として、他のアミノ酸とともに私たちのからだを形づくっています。

 

大人になると、アルギニンは体内でもつくられるようになりますが、子どものうちは、必要な量すべてを合成できないため、食事などから摂取する必要があるといわれています。

 

 

子どもにはアルギニンのサプリで補給したほうがいい?

 

まずは食事で、アミノ酸をバランスよく摂りましょう。

 

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進する働きがあること、また、子どもでは、十分な量のアルギニンを体内でつくることができないことなどから、そのように言われているのかもしれません。

 

でも、毎日の食事がきちんと摂れていて、極端な偏食でもない限り、アルギニンの欠乏が大きな問題になることはないと思われます。

 

アルギニンはアミノ酸の一種であり、タンパク質の構成成分。なので、アルギニンという名前は聞いたことがなくても、タンパク質を含む食品を食べることで自然に摂取できるのです。

 

子どもの場合は特に、サプリメントを考える前に、まずはさまざまな種類の食品をまんべんなく摂ることができるように配慮してあげて下さい。

 

もし、なんらかの症状がみられるときや、発育の面で心配なことがあるときなどは、小児科の先生に相談してみましょう。

 

関連:タンパク質が超簡単に取れる!栄養・コスパを考慮した食材ランキングBEST50


 

トップへ戻る