アントシアニンの効果!視力回復や抗酸化作用など多彩な効果が期待!

 

アントシアニンの効果!視力回復や抗酸化作用など多彩な効果が期待!

 

 

ブルーベリーが目によいといわれるのは、どうして?

 

 

疲れ目によい、視力回復によいなど、目の健康維持に役立つといわれるブルーベリー。その作用は、ブルーベリーの果皮の部分に多く含まれる青紫色の成分、アントシアニンの効果をによるものといわれています。

 

アントシアニンは、アントシアニジンと呼ばれる物質(ペルオイジン、シアニジン、デルフィニジンなど)に、糖(グルコース、ガラクトースなど)が結合したものです。

 

第2次世界大戦中、ブルーベリーのジャムが大好きだったイギリス空軍の兵士が、夜間や明け方の飛行など、「暗いところでもよく見えた」と話したことがきっかけになって研究が始められたとも伝えられています。

 

アントシアニンは、目の網膜などの細い血管を丈夫にし、血液の流れをよくすることで、目のすみずみに酸素や栄養を行き渡らせ、目の働きをよくすると考えられています。

 

また、光の刺激に反応して暗いところでの視力に関与しているロドプシンの合成を促進するともいわれています。このことが、ブルーベリージャム好きのイギリス人兵士の役に立ったのかもしれません。

 

ブルーベリー以外にも、クランベリー、ブドウ、イチゴ、チェリー、紫キャベツ、紅イモ、赤シソ…。アントシアニン系の成分は、赤、紫、青色などの鮮やかな色彩をもつ果物や野菜に含まれています。

 

 

アントシアニンの視力を回復させる効果

 

その働きの中でよく知られているのが、目に対する作用。目の毛細血管を強化して血流を改善する効果があり、目の各部位に、酸素や栄養素を行き渡らせます。

 

目のピント調節に関与する毛様体の働きも回復させ、疲れによる目のチラつきやかすみをやわらげるといわれています。

 

目の網膜には、ロドプシンという光を感じるタンパク質が存在しています。ロドプシンが、光の刺激を電気信号に変換して脳に伝えているおかげで、私たちには、ものが見えています。

 

目を使い続けると、ロドプシンが減少し、一時的に視力が落ちたように感じたり、薄暗いところでものが見えにくくなったりすることがあります。

 

アントシアニンはこのロドプシンの再合成を促すことで、視力を回復させると考えられています。

 

 

アントシアニンの抗酸化作用

 

アントシアニンはまた、ポリフェノールに分類される成分でもあります。ポリフェノールは、構造中に複数の水酸基(-OH)をもつ植物中の物質の総称で、その多くが、抗酸化作用をもつことで知られています。

 

抗酸化作用とは、活性酸素やフリーラジカルの攻撃から細胞を守り、正常な機能を維持させること。動脈硬化などの疾患の予防、老化防止などに寄与しているといわれます。詳しくは、活性酸素を減らす|抗酸化作用のある食べ物をご覧ください。

 

 

植物の花や実がアントシアニンのような色素をもっているのは、紫外線などによる刺激(酸化作用)から、自分の身を守るためだろうと考えられています。

 

個性的な植物の色には、見た目の美しさだけではなく、生き残っていくための必死さも込められているようです。

 

動物性脂肪の摂取量が多いにもかかわらず、動脈硬化が少ないといわれるフランスの人々。赤ワインに含まれるポリフェノールが、その理由の一つではないかとの指摘もあります。

 

お茶に含まれる茶カテキン、そばに含まれるルチン、女性ホルモン様作用をもつことで注目される大豆イソフラボンなども、ポリフェノールの仲間。

 

植物が、静かに秘めている力の強さに驚かされます。


 

トップへ戻る