青背魚の豊富なEPAは血栓を防ぎ、中性脂肪を減らし血管のサビも予防する

青背魚の豊富なEPAは血栓を防ぎ、中性脂肪を減らし血管の錆も予防する

青背魚の豊富なEPAは血栓を防ぎ、中性脂肪を減らし血管の錆も予防する

青背魚の豊富なEPAは血栓を防ぎ、中性脂肪を減らし血管の錆も予防する

 

EPA(エイコサペンタエン酸)は魚の油の成分で、加熱しても効果が失われない。サバ缶など新鮮な魚が原料の缶詰なら、常温で長期保存が可能なので便利です。

 

とくに青背魚と呼ばれるイワシ、サバ、サンマには、血管によい働きをするエイコサペンタエン酸(EPA)や脳の健康に欠かせないドコサへキサエン酸(DHA)が豊富に含まれています。

 

 

1960年代、デンマークのダイベルグ博士らによる研究によって、EPAが血管によいことがわかりました。ダイベルク博士達はデンマーク領であるグリーンランドの先住民、イヌイットの健康調査を行いました。

 

するとイヌイットには心臓病がが極めて少ないことがわかりました。そしてその理由をつきとめるために血液検査を行ったところ、イヌイットの人たちの血液には、本国デンマーク人の3倍ものEPAが含まれていることがわかったのです。

 

 

その頃、グリーンランドのイヌイットたちは、アザラシの生肉を食べる伝統的な食生活を守り続けていました。イワシなどの青背魚をエサにしているアザラシの肉には、EPAが豊富に含まれていたのです。

 

イワシの栄養・効果効能

 

その後の研究によって、EPAは血液を固める成分である血小板を集まりにくくさせて、血栓がつくられるのを防ぐ働きがあることがわかりました。

 

 

またEPA(エイコサペンタエン酸)には中性脂肪をへらす働きもあります。中性脂肪が増えると、善玉コレステロールが減るので、血管が錆つきやすくなります。

 

青背魚のEPAはこれを防いでくれるのです。

 

 

もう一つのDHAは成長期に脳の神経細胞を発達させるのに不可欠な物質で、大人の神経細胞も正常に保つことから、アルツハイマー病などの認知症を防ぐ効果があるといわれています。

 

DHAが最も豊富な魚はマグロです。

 

マグロの栄養・効果効能

 

お刺身等もマグロと青背魚を組み合わせるなどして、彩をよくする工夫をしましょう。

 

魚介類も野菜のように、彩をよくすると、食事が楽しくなります。抗酸化作用のある色素成分は、野菜だけでなく魚介類にも含まれています。

 

活性酸素を除去|抗酸化作用を補う食品

 

サケの赤い色素にも抗酸化力がある

サケの栄養・効果効能

 

エビ、カニ、サケの赤い色はアスタキサンチンという抗酸化物質で、悪玉コレステロールの酸化を防いで、動脈硬化を予防します。

 

 


 

トップへ戻る