タンパク質とは?どんな作用があるの?

タンパク質とは?どんな作用があるの?

タンパク質とは?どんな作用があるの?

タンパク質とは?

 

タンパク質は、人のからだをつくっている約60兆個の細胞の主成分で、筋肉をはじめ、皮膚や髪の毛、骨の一部も、タンパク質でできています。

 

人体を構成するタンパク質は、およそ10万種類あるといわれています。

 

人のからだの70%は水分ですが、タンパク質が占める割合は水分に次いで多く、からだの20%近くにのぼります。

 

水分を除く固形分のうち、60%以上をタンパク質が占めていることになります。

 

 

このタンパク質が不足すると、肌を構成するタンパク質のコラーゲンの代謝が低下し、美しい肌を保てなくなります。安易なダイエットなどはしないよう注意しましょう。

 

必須アミノ酸をバランスよく含む良質タンパク質は、肉や魚、卵などの動物性食品が多くなります。

 

ただし、摂り過ぎはよくありません。植物性タンパク質、野菜類なども忘れずとるのが健康のもとです。

 

 

 

身体は最大10万種類のタンパク質からなる

 

血液中で生命活動に欠かせない酸素を運ぶヘモグロビン、同じく血液中で自然治癒力を担っている免疫グロブリン、化学反応の触媒となる各種酵素、脳内などで情報を伝える神経伝達物質です。

 

筋肉や皮膚以外に、これらもタンパク質とアミノ酸からなり、全部合わせると数万から最大10万種類のタンパク質が体内に存在しているといわれています。

 

 

タンパク質を構成している部品がアミノ酸

 

タンパク質を構成している部品がアミノ酸です。別名をアミノカルボン酸といい、分子のなかにアミノ酸とカルボキシル酸をもつ化合物の総称です。

 

タンパク質を構成するアミノ酸は、20種類あります。

 

20種類のうちメチオニンやロイシンなど9種類は、体内で合成できないため、食べ物を通してとらねばならず、必須アミノ酸とよばれています。

 

ヒスチジンは乳児のみ必須とされていましたが、現在ではすべての年齢に必須となっています。

 

なお、幼児ではアルギニンを加えた10種類が必須アミノ酸です。酸性アミノ酸のグルタミン酸はうま味成分として知られています。

 

 

 

タンパク質の構造

 

タンパク質の構造

一般にアミノ酸の数が100個未満のものはペプチドとよばれ、体内の化学反応に関係する収要な機能をもつ物質がたくさんあります。

 

子宮の筋肉を収縮させるオキシトシンや、血液、水分吸収などに関係するバソプレシンなどは、よく知られたペプチドです。

 

タンパク質を形づくるアミノ酸は、アラニンやグルタミン、ロイシンなど、全部で20種類あります。

 

この20種のアミノ酸でできたタンパク質の鎖は、らせん状になったり、コイル状になったり、折れ曲がったりして複雑で立体的な構造をとっています。

 

アミノ酸の順列組み合わせによってタンパク質の性質が決まり、構成や構造がわずかに違うだけでも、タンパク質はまったく違う機能をもつようになります。

 

熱や酸、アルカリなどによってタンパク質の立体構造が崩れるとタンパク質は変性し、性質が変わってしまうことがあります。

 

 

タンパク質と新陳代謝

 

タンパク質と新陳代謝

いったんできあがってしまえば人のからだは大きく変化しないようにみえますが、実は、細胞は新陳代謝によって常に新しい細胞と入れ替わっています。

 

早いもので1日、長くても3年のうちには、すべて新しい細胞に更新されます。

 

タンパク質は、細胞の新陳代謝のために絶えず消費されているので、不足しないように、毎日食べ物から補充していく必要があります。

 

さらに、タンパク質はからだの主成分であるだけでなく、細胞内で行われるさまざまな化学反応に関与します。

 

 

例えば、とり入れた食物を消化し、栄養素の分解を促進するための触媒となる酵素や、酸素の運搬をするヘモグロビンもタンパク質です。

 

からだの恒常性を保つホルモンのいくつかはタンパク質ですし、体内に侵入する異物を撃退する免疫体などとしても、さまざまな働きをしています。

 

また、体液の浸透圧やpH(水素イオン濃度)を調節する機能も併せもち、生命活動を営むうえで欠かすことができない重要な物質です。

 

 

タンパク質の出血を防ぐ血液凝固作用

 

その他のタンパク質の作用

人のからだの中では、一種の化学工場のように数千種類もの化学反応が起こっています。

 

この化学反応を促進している触媒が、酵素とよばれるタンパク質です。

 

一つの細胞内には、1,000種類もの酵素が含まれ、それぞれの酵素は相手の物質を選り分け、特定の物質に作用しています。

 

免疫の担い手である血液中の抗体も、タンパク質です。

 

抗体は、異物が侵入したときに、異物と結合して毒性を奪ってしまうもので、異物である抗原を見分け、特定の相手にだけ作用を及ぼす能力をもっています。

 

人が活動するうえで不可欠なのが酸素ですが、酸素をからだのすみずみに輸送するのが、血液中の赤血球にあるヘモグロビンで、鉄を含む赤い色素をもつタンパク質です。

 

けがをしたときに血が自然に固まって出血を防ぐ血液凝固は、血液内のいくつものタンパク質が作用して起こる現象です。

 

 

 

タンパク質は、からだを一定に保つ恒常性を維持する

 

タンパク質は、からだを一定に保つ恒常性を維持する

ホルモンは、からだを一定に保つ恒常性を維持するために作用する物質の一つです。

 

主としてある特定の細胞から分泌され、その場で働くものもあり、血液を通って体内のほかの組織や臓器に入り、その機能を剌激したり抑制したりする場合もあります。

 

主要なホルモンのいくつかはタンパク質です。

 

膵臓のラングルハンス島から分泌されるインスリンはタンパク質で、血糖値を下げる働きをしています。

 

 

成長ホルモンもタンパク質で、脳の下垂体前葉から分泌されます。

 

軟骨など結合組織の形成や脂肪の分解を促進し、血糖値を上昇させる作用もあります。

 

同じ下垂体前葉から分泌される性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)もタンパク質の一種で、卵巣や精巣が十分に働くように調節しています。

 

 


 

トップへ戻る