9種の必須アミノ酸と20種のアミノ酸

9種の必須アミノ酸と20種のアミノ酸

9種の必須アミノ酸と20種のアミノ酸

9種の必須アミノ酸と20種のアミノ酸

 

 

人間に必要なタンパク質を形づくる20種類のアミノ酸のうちアラニンやグルタミンなど11種類のアミノ酸は、人間の体内で合成できます。

 

しかしロイシン、アルギニンなどの9種類は体内で合成することができず、特に必須アミノ酸とよばれています。

 

体内で合成できない必須アミノ酸は食べ物から摂取しなければならず、一つでも不足すると、からだを正常に保つことができません。

 

必要なアミノ酸をすべて内部で合成できる植物や微生物では、必須アミノ酸という区別はありません。

 

 

タンパク質は20種類のアミノ酸からなる

 

筋肉のみならず、皮膚や血管、消化器といった身体の主要パーツもタンパク質から作られます。

 

たとえ鍛える気がなくても、タンパク質の摂取を第一に考えないと話しになりません。

 

タンパク質は英語でプロテイン(Protein)ですが、その語源は、ギリシャ語の「プロティオス(第一に大切なもの)」なのです。

 

その大事なタンパク質は体内ではアミノ酸としてやり取りされます。身体を作るタンパク質は20種類のアミノ酸が一列に連なったものです。

 

身体は水で満たされていますが、アミノ酸には水分になじむ親水性と水分になじまない疎水性のアミノ酸が内側に折り畳まれ、親水性のアミノ酸が表面を覆うボール状となり、タンパク質としての機能を発揮します。

 

ちなみに肉類や魚介類のタンパク質はそのまま吸収されるわけではありません。消化器内でアミノ酸に分解・吸収されて、身体の中で再びタンパク質に合成されるのです。

 

 

タンパク質を構成する20種のアミノ酸

中性アミノ酸
  • グリシン
  • アラニン
  • バリン
  • イソロイシン
  • ロイシン
  • セリン
  • トレオニン(スレオニン)
  • システイン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • トリプトファン
  • チロシン
  • プロリン
  • グルタミン酸
  • アスパラギン酸
酸性アミノ酸
  • グルタミン
  • アスパラギン

 

塩基性アミノ酸
  • リジン
  • アルギニン
  • ヒスチジン

 

必須アミノ酸と非必須アミノ酸

必須アミノ酸
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • バリン
  • リジン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • トレオニン(スレオニン)
  • トリプトファン
  • ヒスチジン
非必須アミノ酸
  • アラニン
  • アルギニン
  • アスパラギン
  • アスパラギン酸
  • グルタミン
  • グルタミン酸
  • グリシン
  • システイン
  • セリン
  • チロシン
  • プロリン

 

 

 

アミノ酸のうち9種類は体内では合成できない

 

身体は在庫を最小限に抑え、必要な物質をタイミングよく合成して効率的に利用します。糖質、脂質、タンパク質の3大栄養素のうち、糖質と脂質は好きなときにつくられます。

 

糖質から脂質がつくられ、アミノ酸と脂質から糖質ができるのですが、タンパク質だけは自由に作り出すことができません。

 

タンパク質を構成する20種類のアミノ酸のうち半数近くに当たる9種類は体内で合成系を持ちませんが、これは合成量が必要量に満たないアミノ酸だからです。

 

20種類のうち、8種類(グリシン、アラニン、セリン、プロリン、アスパラギン酸、アスパラギン、グルタミン酸、グルタミン)は糖質などから合成可能です。

 

そして3種類(システイン、チロシン、アルギニン)は他のアミノ酸などから作ることができます。

 

1種類でもアミノ酸が足りないとタンパク質ができないので、それ以外の9種類の必須アミノ酸は毎日の食事から取り入れないとタンパク質の製造は滞ってしまいます。

 

 

アミノ酸のサイクル

卵や肉など食べ物の形で体内に入ったタンパク質は、そのままでは利用できません。

 

胃や小腸で、ペプシンやトリプシンなどのタンパク質分解酵素(プロテアーゼ)によって、タンパク質を構成する最小単位のアミノ酸に分解されます。

 

分解されたアミノ酸は腸で吸収され、肝臓のアミノ酸プールにいったん貯蔵されます。

 

肝臓にたまったアミノ酸は、血液を通してからだ全体に輸送され、組織タンパク質をつくる素材となります。

 

また、肝臓自身のタンパク質を合成する原料としても使われるほか、酵素やホルモン、神経伝達物質など、体内でつくられる微量成分の原料にもなります。

 

役割を果たしたタンパク質は、タンパク質分解酵素によって再びアミノ酸に分解され、アミノ酸プールに貯蔵されて再利用されますが、寿命が尽きたタンパク質の一部は尿素やニ酸化炭素、水などに分解されて、最終的に腎臓で処理され、体外に排泄されます。

 

 


 

トップへ戻る