タンパク質の効果と作用記事一覧

タンパク質とは?どんな作用があるの?

タンパク質は、人のからだをつくっている約60兆個の細胞の主成分で、筋肉をはじめ、皮膚や髪の毛、骨の一部も、タンパク質でできています。人体を構成するタンパク質は、およそ10万種類あるといわれています。人のからだの70%は水分ですが、タンパク質が占める割合は水分に次いで多く、からだの20%近くにのぼります。水分を除く固形分のうち、60%以上をタンパク質が占めていることになります。このタンパク質が不足す...

9種の必須アミノ酸と20種のアミノ酸

人間に必要なタンパク質を形づくる20種類のアミノ酸のうちアラニンやグルタミンなど11種類のアミノ酸は、人間の体内で合成できます。しかしロイシン、アルギニンなどの9種類は体内で合成することができず、特に必須アミノ酸とよばれています。体内で合成できない必須アミノ酸は食べ物から摂取しなければならず、一つでも不足すると、からだを正常に保つことができません。必要なアミノ酸をすべて内部で合成できる植物や微生物...

良質のタンパク質を判断する基準 アミノ酸スコアの高い食品

タンパク質は生命活動の維持に重要な物質ですが、からだを構成するタンパク質は絶えず分解され、入れ替わっているので、食べ物によって補充していかなければなりません。体内でのタンパク質の合成には、素材となるアミノ酸がすべて同時に必要となります。良質のタンパク質食品とは、人が体内で合成できない9種類の必須アミノ酸がすべて十分に、バランスよく含まれている食品となります。8種の必須アミノ酸が必要量を満たしていて...

タンパク質が超簡単に取れる!栄養・コスパを考慮した食材ランキングBEST50

あらゆる食品の中でも特に高タンパクな食材で、簡単に取れるタンパク質食材って何でしょう?実際、食品成分表などを見るとあらゆる食品のタンパク質含有量が明記されており、そこから拾っていけば誰でも高タンパクな食材を見つけ出すことができます。しかし、いくら高タンパクの食材があっても、そのタンパク質が何グラム当たりに含まれているかまで細かく見ないと実際に食べる際の参考になりませんし、タンパク質含有量が豊富でも...

動物肉の部位別タンパク質含有量

普段の食生活で最もタンパク質をイメージしやすい食材といえば、やはり「肉」でしょう。私たちが普段食べている肉は、牛・豚・鶏が中心です。そこで身近な牛の肩ロースにヒレ、豚のロースにヒレ、鶏のムネとささみ、各部位のタンパク質含有量を見てみましょう。ほかにも、羊・馬・鯨・猪・鹿の肉など8種の動物のタンパク質含有量をまとめています。これらの栄養素の数値を見ると、いずれも高タンパク、低脂質、低カロリーといった...

筋肉を付けるためのタンパク質の摂取量、筋肥大にオススメの高タンパク食品

体重の20%はタンパク質。体重が70kgなら14kgはタンパク質です。特別に肥満体型でなければ、平均的な体脂肪率は20%前後です。つまり体重の20%は体脂肪ですが、同じく体重の20%を占めているのがタンパク質です。体重が70kgなら「70×0.2=14kg」は、タンパク質なのです。タンパク質が体重の20%を占めているのは、体重の40%くらいが筋肉の重みだからです。筋肉は水分を除くとほとんどタンパク...

タンパク質組織をつくるコラーゲンの効果と肌の衰え

タンパク質が構成する肌。その肌に関する疑問について分かりやすく解説しまとめています。からだを構成する代表的なタンパク質の一つに、コラーゲンがあります。コラーゲンは、体内にあるタンパク質のなかで最も多く、全体の約3分の1を占めています。繊維のような構造をもつコラーゲンは、骨や皮膚、腱(けん)、歯、軟骨、臓器などに含まれ、組織を支える屋台骨としての役割を果たしているほか、皮膚の柔軟性や腱の弾力性の源に...

タンパク質不足は老化を早める

年をとると、肌にシワがよりますが、原因の一つは皮膚をつくっているタンパク質のコラーゲンの代謝が低下するためです。骨や軟骨、腱などが弾力性を失うのも同じ理由からで、タンパク質の不足は骨折や関節炎などが起こりやすくなります。特に、中高年からのタンパク質の不足は筋肉を弱め、血管をもろくし、骨粗鬆症を起こす要因ともいわれます。ホルモン分泌や免疫力も低下し、老化を早める原因となります。高齢者の場合、食欲や消...

トップへ戻る