栄養の偏りが心配!?疲労回復、体力アップに必要な栄養剤

栄養の偏りが心配!?疲労回復、体力アップに必要な栄養剤

栄養の偏りが心配!?疲労回復、体力アップに必要な栄養剤

栄養の偏りが心配!?疲労回復、体力アップに必要な栄養剤

 

疲労回復、体力アップに必要な成分を凝縮したもので、健康増進から病気の治療まで広く利用されています。

 

 

厚生労働省が、国民の食生活の状況などを把握するため、毎年行っている「国民健康・栄養調査」平成27年の調査結果によれば、主食・主菜・副菜を組み合わせた食事は、若い世代ほど食べられていない傾向にあり、この世代は、外食や中食の利用割合が高いとされています。

 

 

特にに20〜30歳代の女性では、タンパク質、カルシウム、食物繊維及びカリウムなどの摂取量が、60歳以上に比べて少ない傾向にあるようです。

 

近年、骨がもろくなる骨粗鬆症が急増したこともあり、カルシウムを努めて摂取しようという意識が高まっています。

 

 

また、食生活が欧米化し、動物性脂肪などの油脂類を多くとる割に、食物繊維やビタミン、ミネラルなどが不足しがちであることが指摘されています。

 

ミネラル不足が引き起こす欠乏症状

 

摂取量が所要量を上回っているほかの栄養素も、平均値をみれば十分でも、必ずしも栄養のバランスがとれているとはいえない人たちが大勢いると考えられています。

 

 

特に20〜30代では食事が不規則で、しかも外食やインスタント食品などを習慣的に利用している人が多く、栄養の偏りが心配されています。

 

多種類の栄養素をとろうとするうちに、つい食べすぎてしまい、肥満につながるケースもあります。

 

 

からだに必要な栄養素をとるためには、毎日の食事をバランスのよいものにするのが基本です。しかし、どうしても偏りがちな場合には、栄養素を補うために栄養剤を利用してもよいでしょう。

 

 

一般に栄養剤とよばれるもののなかには食品に分類されるものと、医薬品に分類されるものとがあります。

 

からだの構造や機能に特定の作用を及ぼすのが医薬品で、その他は食品です。

 

 

治療効果は認められていませんが、医学的、栄養学的にみて、体調を整えるとされる成分を含む食品として、特定保健用食品に認定されているものもあります。

 

 

また、安全性が確認されていても、治療効果は認められていないものは、医薬部外品として扱われている場合もあり、これらをまとめて健康食品とよぶこともあります。

 

 


 

トップへ戻る