栄養剤の副作用と組み合わせ

栄養剤の副作用と組み合わせ

 

ビタミンには、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあります。

 

このうち水溶性ビタミンは、とりすぎても尿と一緒に排出されるので、からだに悪影響を及ぼす心配はありません。

 

 

しかし、脂溶性ビタミン(ビタミンAビタミンDビタミンEビタミンK)のなかには、大量にとりすぎると副作用としてビタミン過剰症を起こすものがあります。

 

例えば、ビタミンAが過剰になると、吐き気や頭痛、発疹などの副作用がみられます。

 

 

ビタミンDが過剰になれば、下痢や吐き気、血管へのカルシウムの沈着などが起こるとされています。

 

ミネラルについても、カルシウム以外はとりすぎによる悪影響があるので、過剰に摂取しないようにしましょう。

 

 

通常の食生活では過剰症に陥る危険性はほとんどありませんが、栄養剤の形で服用する場合には副作用に注意が必要です。

 

栄養剤と一緒に摂取したらダメな組み合わせ

 

睡眠薬とアルコールを併用すると睡眠薬の作用が増強されるといった薬の飲み合わせによる危険性はよく知られています。

 

栄養剤に関しても、いくつかの悪い飲み合わせが指摘されています。

 

ビタミンKを多く含む栄養剤と、血栓症の薬であるワーファリンを併用すると、血栓をできにくくするワーファリンの作用が抑えられてしまうことがあります。

 

また、多くのドリンク剤に含まれるカフェインは、気管支拡張剤と併用すると頭痛を起こす例がみられます。

 

アロマテラピーの副作用

ニンニクの副作用

 

 


 

トップへ戻る