栄養剤の効果記事一覧

森の木の薬効成分と、治療の効果を高める補助療法としての森林浴

栄養剤の効能としてよくうたわれているのは、肉体疲労時の栄養補給や滋養強壮ですが、その効果にはかなりの差があります。食品として手軽に利用されている栄養剤から、病気の治療を目的に、医師の処方によって用いられる作用の強いものまで、さまざまな種類があります。ここでは、市販されている栄養剤を中心にみていきます。市販の栄養剤の主流はビタミン剤です。主なビタミンは13種類あり、多くのビタミンを含んだ総合ビタミン...

栄養剤の主な成分とその効果!栄養剤の選び方

栄養剤に含まれる成分には、さまざまな作用が認められており、表はその一部をまとめたものです。成分の特性を知り、効果的に利用しましょう。水溶性ビタミン成分名体内での効果と働きビタミンB1(チアミン)糖質の代謝促進、精神安定ビタミンB2(リボフラビン)脂質の代謝促進、粘膜の保護、成長促進、細胞の再生を助ける、体質強化ニコチン酸(ナイアシン、ビタミンB3)細胞の代謝促進、血行促進、インスリンの合成パントテ...

栄養剤の副作用と組み合わせ

ビタミンには、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあります。このうち水溶性ビタミンは、とりすぎても尿と一緒に排出されるので、からだに悪影響を及ぼす心配はありません。しかし、脂溶性ビタミン(ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK)のなかには、大量にとりすぎると副作用としてビタミン過剰症を起こすものがあります。例えば、ビタミンAが過剰になると、吐き気や頭痛、発疹などの副作用がみられます。ビタミンD...

栄養の偏りが心配!?疲労回復、体力アップに必要な栄養剤

疲労回復、体力アップに必要な成分を凝縮したもので、健康増進から病気の治療まで広く利用されています。厚生労働省が、国民の食生活の状況などを把握するため、毎年行っている「国民健康・栄養調査」平成27年の調査結果によれば、主食・主菜・副菜を組み合わせた食事は、若い世代ほど食べられていない傾向にあり、この世代は、外食や中食の利用割合が高いとされています。特にに20〜30歳代の女性では、タンパク質、カルシウ...

トップへ戻る