ニンニクの副作用やアレルギー

ニンニクの副作用やアレルギー

 

ニンニクを生で食べると口の中がヒリヒリします。そのまま飲み込むと胃も刺激を受けますので、食べすぎると胃が荒れる原因になります。

 

個人差がありますが、一般に1日に1片か多くても3片が適量といわれており、とりすぎると胸やけや、頭が重くなるなどの不快な症状が出る場合があります。

 

胃腸の弱い人や潰瘍のある人は摂取を控えたほうが無難でしょう。

 

ニンニクを食べるときには水や牛乳を一緒に飲むと、こういった症状を軽減できるようです。

 

ニンニク油は、こうした不快な作用はないといわれています。

 

 

ニンニクを食べると目の病気が重くなったり、目やにが多くなったり、視力低下をきたす人もいます。

 

日ごろ、目の病気にかかりやすい人は少量をとるようにしましょう。

 

 

ニンニクの汁が皮膚につき、そのまま放置しておくと、かぶれたり水痘ができたりする場合もあります。

 

ニンニクを食べるとアレルギーの出る人もいます。発疹、ぜんそく、頭痛などが出たり、顔が赤くなったりします。

 

アレルギー体質の人や、ニンニクを食べ過去に症状の出たことのある人は、十に注意をする必要があります。

 

食べる量を減らすか、キャラウー、ウイキョウなどのハーブを一緒、に摂取すると、アレルギーや副作用は出にくくなるといわれています。

 

 

 


 

トップへ戻る