ニンニクの効果的な食べ方と組み合わせ

ニンニクの効果的な食べ方

ニンニクの効果的な食べ方

ニンニクの効果的な食べ方

 

ニンニクは、組み合わせ次第で効果が2倍にも3倍にもなる食べ物です。

 

例えば豚肉はビタミンB1を多く含む食品で、疲労回復に効果があります。

 

豚肉の栄養・効果効能

 

ビタミンB1は単体ではからだに吸収されにくいという欠点がありますが、ニンニクを組み合わせることで、ビタミンB1の体内への吸収性を高めることができます。

 

また、動物性脂肪はとりすぎると血液中のコレステロールや中性脂肪が過剰となり、生活習慣病(成人病)の原因となります。

 

ニンニクには脱コレステロール作用がありますので、肉類を食べるときは意識してニンニクを組み合わせるように心がけましょう。

 

 

ニンニクを使った料理を食べるときは、生のかけらのまま調理しても効果は期待できません。

 

煮もの、炒めもの、焼きものいずれの場合も、切り刻むかすりおろして使うようにしましょう。

 

ニンニクの薬効成分が食材にしみ込んで、効率よく摂取することができます。

 

牛乳やお湯を入れたコップにつぶしたニンニクを入れ、ハチミツを加えて飲みほすのは、よく用いられる方法です。

 

醤油や油、酢などにニンニクを1〜3か月ほど漬けて、その浸出液や実を調理に使用する方法もあります。

 

 

 


 

トップへ戻る