昼寝の効果を活用する

昼寝の効果を活用する人間の大脳には約140億個の脳細胞があり、意識を集中して作業しているときには、一部の脳細胞が数千分の1秒の速さで興奮と休息のサイクルを繰り返します。

 

この運動を数時間続けると、膨大なエネルギーを消費してオーバーヒートの状態になり、興奮状態を維持することが難しくなります。

 

 

脳が出す眠気は、いわば助け船であり、眠気を出すことによって作業の手を休めさせ、脳細胞に短時間でも休息を与えることができます。

 

昔から「昼の10分間のうたた寝は、夜の1時間の睡眠に相当する」といわれますが、わずか数秒間のうたた寝や居眠りでも、脳細胞を使わないことで休息になります。

 

 

このことは、電車やバスの中で居眠りをし、目覚めたときのよく眠った感じを思い起こすと納得できます。

 

昼寝の効果は頭脳のリフレッシュにあり、その最大のメリットは、脳の情報処理能力を夜まで一定のレベルに保たせる点です。

 

 

歴史に残る大きな仕事をなしとげた人のなかには、うたた寝上手の人が少なくありません。

 

ナポレオンが3時間しか眠らなかった話は有名ですが、彼は暇さえあれば馬上や戦場でうたた寝をしていたと伝えられています。

 

また、シュールレアリスムの巨匠、サルバドール・ダリは、作品のヒントを得るため頻繁に居眠りをしたそうです。

 

ダリのうたた寝はインスピレーションの時間であり、彼の作品の超現実的なイメージは、その白日夢から生まれたといっても過言ではないのかもしれません。

 

歴史に残る大きな仕事をなしとげた人は昼寝の効果をうまく活用していたようです。

 

居眠りや昼寝は夜間の睡眠不足を補い、頭脳をリフレッシュすることに役立ちますが、ビジネスマンが重要な会議や商談中に居眠りをすれば、重大な失態を演じたことになります。

 

ビジネスマンがうまく昼寝をするには「いつ、どこで、どのように」すればよいか考えてみましょう。ポイントは、仕事や人間関係に支障をきたさず、上司や同僚、部下などの目にふれない時と場所、状況を選ぶことです。

 

 

自分の1日の行動スケジュールやルートをよく検討して、昼食後や3時の休憩時間、取引先回りの車中や会社から少々遠い喫茶店など、条件の合う場所をみつけ、昼寝を習慣化してみましょう。

 

毎日トレーニングを重ねて昼寝の習慣化に成功すると、すっきり目を覚ますことができるようになります。こうして活気をとり戻した脳は、仕事や学習の効率の低下を防いでくれるでしょう。

 

特に肝臓や腎臓に疾患のある人は、10分間横になるだけで血液循環がよくなります。簡便で有効な養生として活用したいものです。

 

昼寝のしすぎで体内リズムを崩し夜に眠れなくなるという不眠症の人は、ますますリズムを崩しやすく眠れなくなる傾向にありますので、できれば昼寝は控えて夜に寝る癖をつけた方が良いでしょう。

 

\★送料無料★/【OSTRICH PILLOW LIGHT オーストリッチピロー ライト】【Studio Banana スタジオ バナナ 枕 ピロー 被る枕 かぶる枕 ネックウォーマー コンパクト 携帯 まくら 昼寝用 飛行機 新幹線 旅行 睡眠 ギフト】

枕 うつぶせ オーストリッチ 【あす楽16時まで】 送料無料 正規品 ポイント10倍オーストリッチピロー レギュラーサイズ Ostrich Pillow 【 枕 デスク 肩こり 飛行機 安眠 大人用 大人 横向き 】【smtb-F】(-)

枕 うつぶせ オーストリッチ 【あす楽16時まで】 送料無料 正規品 ポイント10倍オーストリッチピロー ライト Ostrich Pillow LIGHT 【 枕 デスク 肩こり 飛行機 安眠 子供 大人 横向き 】【smtb-F】(-)(通販 楽天)

【正規販売店】\★送料無料★/【Studio Banana OSTRICH PILLOW オーストリッチピロー】【どこでも安眠枕 スタジオ バナナ 枕 ピロー 被る枕 かぶる枕 まくら 昼寝用 購入 旅行 トラベル ギフト どこでも昼寝 仮眠 おもしろグッズ キックスターター 話題】

昼寝の効果記事一覧

昼寝に対する考え方

昼寝をして一日こ2回以上眠ることを複眠(多相性睡眠)といいます。乳幼児と高齢者は複眠で、成人は1日1回の単眠(単相性睡眠)が一般的です。勤労という社会活動を中心に生活を組み立てていくと、日本の社会では睡眠は単眠ということになりますが、成人が複眠をとっている地域もあります。ヨーロッパの地中海沿岸や北アフリカ、中南米地域では昼休みを2〜3時間とる「シエスタ」という昼寝の習慣があります。シエスタとは、ス...

効率的な昼寝のとり方

うたた寝や昼寝を効率的にとるには、何よりも時間に気をつけなくてはなりません。昼寝はたっぷりとるか、思い切って短くしたほうが効果があります。まず、たっぷり眠る場合は90分程度が目安で、これだけ眠ればたいてい気分がスッキリします。しかし、60分程度の短い昼寝で覚醒すると、かえって頭がボンヤリとして、目覚めた後、不愉快な気分になるので注意してください。長時間の昼寝ができない場合は、10〜20分以内にとど...

ポスト・ランチ・ディップ

昼食後、眠気におそわれる午後1〜3時の時間帯を英語で post-lunch dip「ポスト・ランチ・ディップ」といいます。ポスト・ランチは昼食後、ディップは一時的に落ち込むという意味で、この時間帯は人間の能力が落ち込む時間であることを示しています。もし、この時間帯に開く会議を充実させたいなら、会議の前に短時間の昼寝をして、頭をすっきりさせてから出席するのが賢明です。昼寝から覚めたら、血糖値を上げる...

あくびの効果

学校の授業中や、会議であくびをするとマナー違反のような考えもありますが、この一見すると間の抜けたしぐさのあくびには、じつは二つの点で脳をすっきりさせる効果があります。眠気をもよおすと、ついあくびが出ますが、あくびは脳内の血液中の酸素が不足した時に起こる反射作用で、いわば脳の深呼吸のようなものです。あくびのときに口を大きく開けるのにも理由があって大口を開けると、物をかむ咀嚼筋(そしゃくきん)の片方が...

「寝る子は育つ」子供の昼寝

赤ちゃんは生後1か月は、授乳以外はほとんど眠っています。生後3か月から1歳までは夜間に10〜12時間、昼間に4〜6時間ほど眠りますが、1歳を過ぎると反対に昼寝が減少していきます。子どもの昼寝時間は年齢や個人差、生活条件などで異なりますが、基本的に乳児期は午前と午後に各1回、3〜4歳の幼児は遊びの疲れをとるため、午後に1回必要と言われています。赤ちゃんの睡眠と目覚めが、サーカディアン・リズム(概日リ...

昼食後の眠気とサーカセメディアン・リズム

昼食後に眠気に襲われるのはごく自然な現象です。前日の夜しっかりと睡眠をとっても、お昼ごはんを食べたあとに眠くなることはよくあります。昼間の眠気は、食事をとったことによって起こる眠気と、食事に関係なく起こる眠気に大別され、この両方がタイミングよく重なると、強い眠気に襲われます。食物が胃腸で消化吸収されると、血液中の血糖値が上がって、脳の視床下部にある満腹中枢へ「もうお腹いっぱいで満腹だ〜!」という情...

トップへ戻る