健康を維持するうえで、体内に含まれる微量元素であるミネラルの重要性が明らかになっています。

 

ミネラルの効果記事一覧

ミネラルの種類と、その効果

ビタミンがからだに必要であることはよく知られています。さらに、ミネラルもからだの機能の維持のために、人切な役割を果たしていることが注目されています。ミネラルは、からだのあらゆる機能を調節している微量元素のことで、ほとんどが金属です。からだに必要なミネラル量はごく微量ながらも生命の維持に必要不可欠なもので、健康な生活を送るうえで重要な役割を果たしています。ミネラル不足や過剰摂取は、病気やからだの異常...

ミネラル不足が引き起こす欠乏症状

ミネラル不足・引き起こす病気ミネラルには、カルシウム、鉄、ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウム、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、コバルトなどがありますが、いずれもごく微量ながら、からだの機能を維持するうえで重要な働きをしている元素です。カルシウムの不足は骨の形成に障害をきたし、欠乏状態が続くと骨粗鬆症を起こす危険もあります。ナトリウムの不足は食欲不振や筋力の低下を招き、逆に過剰摂取は高血圧...

ミネラルが多く含まれる食品【上手なミネラルのとり方】

含まれているミネラルの種類が比較的多い食品としては、海苔類や魚介類などの海産物、レバーなど動物の臓器、豆やナッツ類、キノコ類などがあげられますが、必須ミネラルがすべて含まれている食品はありません。特定の食品だけでは、十分なミネラルの供給源とはならないのです。個々のミネラルが多く含まれている食品は、その種類によってさまざまです。例えば、マグネシウムは海藻類やお茶類、セレンはウナギやマグロなどの魚介類...

悪玉ミネラルとは

人間の体内には、生命の維持に不可欠な善玉ミネラルだけでなく、過去に公害病を引き起こした悪名高い元素も含まれています。その一つが、ヒ素です。ヒ素はかつて人を毒殺するのに使われた毒物で、鉱山で採掘する労働者や周辺住民が中毒になったり、赤ちゃんに飲ませる粉ミルクに混入して子どもたちが被害を受けた事件が起きています。ヒ素は海藻類やキノコ、牛肉などに含まれていますが、動植物に含まれ、食物の形でとったヒ素は、...

トップへ戻る