森の木々がつくる大気は、殺菌作用もあります。

森の木々がつくる大気は、殺菌作用もあります。

森の木々がつくる大気は、殺菌作用もあります。

森の木々がつくる大気は、殺菌作用もあります。

 

テルペンのなかには細菌やカビを殺し、害虫を寄せつけない種類があり、これをフィトンチッドといいます。

 

フィトンとは植物、チッドは殺すというロシア語で、旧ソ連の科学者が発見しました。人間は、植物が害虫から身を守るために絶えず放出しているフィトンチッドを昔から利用してきました。

 

 

例えば古代エジプトではミイラづくりの際に防腐剤の代わりに白檀(びゃくだん)、肉桂(にっけい)、沈香(じんこう)、没薬(もつやく)など、木から採った香料を使用していました。

 

肉、魚介類の食品のスパイスとしてはクローブ、シナモン、ナツメグ、コショウ、ローズマリー、オレガノ、セージ、タイムなどが使われ、ヨーロッパ諸国は香辛料を求めインドやアジア諸国に進出しました。

 

 

日本でも抗カビ剤の代わりに、みかん箱にヒバの葉を、餅の保存箱にワサビを入れていました。

 

現代でもヒバの葉は鮮魚店で魚の下に敷いているところがあります。さくら餅、柏餅、笹だんご、ホウバ餅、ツバキ餅などは、それぞれの木の葉のもつ香りと酸化防止作用を利用したものです。

 

 

さらに水洗トイレが普及する前には、イチジクの葉はトイレからの悪臭を防止する効果があるため、庭木としてトイレの近くに植えられました。

 

イチジクにはハエの幼虫のウジを殺虫する作用もあるといわれています。

 

 

フィトンチッドはほかの動物には有害のように思われますが、森では大気中に放出されると、すぐに拡散してしまいます。

 

私たちが吸い込むときはppb(10億分の1%)という単位ですので、特殊なものを除いて害になることは、まずありません。

 

むしろ人のからだには穏やかに作用し、生理活性作用のあることがわかってきました。

 

 

 


 

トップへ戻る