ヨーグルトの栄養・効果効能 【医食同源レシピ】

ヨーグルトの栄養・効果効能 【医食同源レシピ】

ヨーグルトの栄養・効果効能

ヨーグルトの栄養・効果効能 【医食同源レシピ】

 

【ヨーグルトの特徴】

 

豊富に含まれているタンパク質、脂肪、カルシウムは、乳酸菌の働きで、原料である牛乳よりも消化吸収されやすくなっています。

 

  • ヨーグルトと一緒にビタミンDをとると、カルシウムの吸収、骨への沈着を高めます。
  • 腐敗を防いだり、臭みを抑え、素材を軟らかくする働きがあるので、肉や魚にまぶして下ごしらえに利用したり、ソースにして活用しましょう。
  • ヨーグルトにはビタミンCや、食物繊維はほとんど含まれていないので、野菜や果物と合わせると栄養バランスがよくなります。
  • 腸内の有用菌のビフィズス菌を増やすには、ビフィズス菌の餌になるオリゴ糖をヨーグルトとともにとると効果があります。

 

ヨーグルトに含まれている乳酸菌が腸の働きを整える

ヨーグルトに含まれている乳酸菌が腸の働きを整える

 

牛乳や脱脂乳を乳酸菌で発酵させたものがヨーグルトです。牛乳と同様に糖質の一種の乳糖やタンパク質、カルシウム、ビタミンB2が豊富に含まれていて、乳酸菌が1ml中に1,000万個以上生きています。

 

乳酸菌のもっている乳糖分解酵素が、乳糖をあらかじめ30%程度分解しているので、ヨーグルトは非常に消化吸収がよく、離乳食や病人食にも適しています。

 

牛乳を飲むと下痢を起こす乳糖不耐症は、乳糖を分解する酵素のラクターゼが欠乏している人に起こりますが、ヨーグルトは乳糖分解酵素により乳糖がすでに分解されているので、乳糖不耐症の人も安心して食べられます。

 

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の多くは、胃酸のために生きたまま腸まで到達できませんが、乳酸菌が生成した物質が腸内の有用菌であるビフィズス菌などを増やす助けになるといわれています。

 

ビフィズス菌が腸内で優勢になると、腐敗菌による有害物質の生成が抑えられるので、便秘や下痢の改善といった整腸作用が期待できます。

 

また、免疫力を高め老化防止、がんの予防、O-157をはじめとする食中毒の予防などの働きもあるとされます。

 

 

腸内のビフィズス菌が、抗生物質の服用やストレス、高齢化などで減った場合は、ヨーグルトを食べるとビフィズス菌の再生に効果があります。

 

 

さらに乳酸菌は、炭水化物の消化吸収を助けるビタミンB群を腸内で合成します。

 

また、ヨーグルトのカルシウムは乳酸と結びついて、より消化しやすい乳酸カルシウムになっています。不足しがちなカルシウムの補給のためには、毎日とりたい食品です。

 

乳製品の種類とその栄養素

 

 

 

ヨーグルトの選び方と保存方法

 

購入時には、品質保持期限をチェックし、店での保存状態を確認しましょう。

 

家庭での保存は10℃以下の冷蔵庫で、開封していないものは約2週間、開封後は2日程度で食べ切るようにします。冷蔵していても乳酸菌による発酵が進むので、保存しておくと次第に酸味が強くなります。

 

フローズンヨーグルト以外は凍結させると、口当たりが悪くなりますから冷凍は避けましょう。

 

ヨーグルトの表面に水分が分離していることがありますが、これはホエー(乳清)といって、発酵の過程で自然に出る物質なので心配ありません。牛乳の成分中の水溶性のタンパク質や、ミネラルなどが含まれていますから、ヨーグルトと混ぜ合わせて食べるようにします。

 

 

ヨーグルトの栄養データ

 

()内は1日の栄養所要量に対する割合

エネルギー 126kcal
タンパク質 8.7g(13.4%)
脂質 8.3g
糖質 10.5g
リン 210mg
カルシウム 231mg(38.5%)
カリウム 294mg(11.7%)
0.2mg
ビタミンA効力 210IU
ビタミンB1 0.08mg
ビタミンB2 0.42mg(38.2%)

※1カップ(210g)当たり

 

 

ヨーグルトを使った乳酸菌を生かした整腸メニュー

 

トマトとヨーグルトの冷製スープ

トマトとヨーグルトの冷製スープ【医食同源レシピ】

ヨーグルトに野菜ジュースとコンソメを混ぜ合わせて冷やしたスープは、起き抜けや食欲のないときでも、口当たり欲食べられ、胃腸の調子を整えます。

 

野菜のビタミンCや食物繊維をプラスして、栄養バランスに留意した取り合わせですが、時間があるときにはトマトやセロリなどをミキサーにかけて混ぜ合わせれば、より新鮮です。

 

トマトの栄養・効果効能

 

チキンヨーグルトカレー

 

鶏胸肉にヨーグルトとニンニク、ショウガ、塩、カレー粉をまぶしておくと、肉の臭みがとれ、軟らかくなります。

 

下ごしらえをした鶏肉にタマネギ、オクラ、さらにヨーグルトを加えてカレーにすると、脂肪分の少ない良質のタンパク質にオクラのビタミン、野菜の食物繊維、ヨーグルトのビタミンやミネラルと、栄養バランスのよい一品ができます。

 

鶏肉の栄養・効果効能

 

 


 

トップへ戻る