ミカンの栄養・効果効能 【医食同源レシピ】

ミカンの栄養・効果効能 【医食同源レシピ】

ミカンの栄養・効果効能

ミカンの栄養・効果効能 【医食同源レシピ】

 

【ミカンの特徴】

 

柑橘類のなかで果皮のむきやすい一群をミカン類とよびます。美肌効果のあるビタミンCやがんを防ぐカロチンが豊富です。ただし、糖分も多いので食べすぎないように注意しましょう。

 

  • ビタミンCだけでなく、ビタミンCの働きをサポートするビタミンPも豊富です。両者が有効に作用して、脳出血などを予防します。
  • 漢方でミカンの皮を乾燥させたものを陳皮(ちんぴ)といい、咳や吐き気を止めたり、胃を丈夫にするとされています。また、細かく刻んだものは七味唐辛子に薬味として用いられます。
  • 袋(ふさ)にはビタミンPや食物繊維が含まれているので、なるべく食ベるようにしましょう。

 

ビタミンCとPが相乗効果を発揮

ビタミンCとPが相乗効果を発揮

 

ミカンの成分で最も多いのは果糖や蔗糖(しょとう)、ブドウ糖などの糖質で、10%程度含まれています。糖質はエネルギー源になりますが、過剰な分はグリコーゲンや中性脂肪に変えられて体内に貯蔵されるので、食べ過ぎると肥満の原因になります。

 

ビタミンでは、ビタミンCが可食部100g当たり約35mgと豊富です。

 

ビタミンCは副腎に1,500mg貯蔵されていますが、1日に3%消耗されると推定されることから、厚生省ではその分、つまり約50mgのビタミンCを毎日摂取することが望ましいとしています。

 

したがってミカンであれば、1日に2個食べれば十分ということになります。

 

ビタミンCは皮膚のメラニン色素の沈着を抑制するだけでなく、細胞の結合組織であるコラーゲンの合成に作用し、血管や皮膚、粘膜、骨を強くします。

 

ミカンの場合、単にビタミンCが多いだけでなく、オレンジ色のフラボノイド色素や、袋(ふさ)にビタミンCの働きを助け、毛細血管を丈夫にするビタミンPを含んでいる点も見逃せません。ビタミンCとPの相乗効果で、脳出血の予防や血圧降下作用があるといわれています。

 

さらに、ビタミンA効力を有するカロチンやビタミンB群、ビタミンEも含むため、胸がつかえて食欲がない、口が乾く、微熱があるといったときの改善に効果的です。

 

 

酸味成分は主にクエン酸で、胃液の分泌をよくして食欲を増進させ、また疲労物質である乳酸の生成を抑制して疲労を回復させる働きがあります。

 

なお、袋にはペクチンとよばれる食物繊維が豊富で便秘や大腸がんの予防にもなります。実だけでなく、できれば袋も一緒に食べましょう。

 

 

食べすぎると手が黄色くなるのは、カロチノイド色素によるものです。時間が経過すれば色は消えます。

 

漢方では、ミカンの実はからだを冷やす作用があるため、冷え性や膀胱炎の人は、過食は禁物とされます。一方、皮はからだを温めるので、神経痛や肩こりの人は皮を網などに入れて、入浴剤として活用しましょう。

 

 

 

ミカンの選び方と保存方法

 

現在、市場に出回っているミカンの多くは温州ミカンです。選ぶときは、弾力があり、見かけの割に重量があるものにします。

 

皮が厚くてごわごわしているもの、逆にぶよぶよしているものは良品とはいえません。

 

箱で買ったときは、全部箱からとり出し、傷んだり、カビがはえているものがあればとり除きます。ミカン同士でつぶれないようにうまく重ね、涼しいところで保管します。

 

 

ミカンの栄養データ

 

()内は1日の栄養所要量に対する割合

糖質 8.2g
食物繊維 0.2g
カルシウム 17mg(2.8%)
カリウム 113mg
ビタミンA効力 49IU(27.3%)
カロチン 90μg
ビタミンC 26mg(52.0%)

※温州ミカン普通1個中

 

 

ミカンを使った冬のビタミンC補給とかぜの予防に効果のあるメニュー

 

ミカンのパンプディング

ミカンのパンプディング【医食同源レシピ】

卵に牛乳を加えて混ぜ合わせた後、輪切りにしたフランスパンをつけ、卵液を十分に染み込ませます。ココットにパンを入れ、アルミホイルをかぶせてオーブントースターで10分ほど焼きます。

 

皮のまま輪切りにしたミカンをのせ、アルミホイルをとって5〜6分焼き、ハチミツをかけます。

 

実だけでなく、皮もビタミンBやCが豊富なので利用しましょう。ただし、つや出しのためにワックスがかかっていることがあるので、よく洗ってから使います。

 

卵はビタミンCを含んでいませんが、ミカンと一緒にとることで不足を補うことができます。ハチミツは疲労回復に効果があります。

 

ハクサイとミカンのサラダ

 

食べやすい大きさに切った生のハクサイと袋をはずしたミカンを、ミカンの搾り汁と酢、オリーブオイルを混ぜ合わせたドレッシングであえます。

 

 

 


 

トップへ戻る