コンニャクの栄養・効果効能 【医食同源レシピ】

コンニャクの栄養・効果効能 【医食同源レシピ】

コンニャクの栄養・効果効能

コンニャクの栄養・効果効能 【医食同源レシピ】

 

【コンニャクの特徴】

 

低カロリーのためダイエット食品して人気があります。グルコマンナンという食物繊維が腸の調子を整え、便通を促すほか、血中コントロールを下げる働きをします。

 

  • コンニャクイモの皮をむいてから粉にしたものは白いコンニャクとなり、皮をむかずに製粉したものは黒いコンニャクとなります。
  • カリウムが含まれているので、利尿効果や血圧降下作用が期待できます。
  • 成分の97%は水分であり、エネルギーはわずかで、食べる量からすればほとんどないも同然です。そのため、肥満の気になる人やダイエットをしたい人に人気のある食品です。
  • 昔から「腹の砂払い」といわれ、腸内をきれいにしてくれることで知られています。

 

コンニャクは食物繊維のグルコマンナンが豊富

コンニャクは食物繊維のグルコマンナンが豊富

 

コンニャクの原料はサトイモ科のコンニャクソウという多年生の植物です。

 

コンニャクの97%は水分で、残りの3%の主な栄養素は、グルコースとマンナンが1対2くらいの割合で結合した食物繊維のグルコマンナン(コンニャクマンナン)です。

 

食物繊維には水に溶けるものと溶けないタイプがありますが、グルコマンナンは水溶性です。コンニャクはコンニャクソウの球形の茎(コンニャクイモ)を粉末にしたものに水を加え、にかわのようなコロイド状にして、さらに水酸化カルシウム(硝石灰)などのアルカリ物質を足して、凝固させて製造されます。

 

 

通常、食べ物は胃や腸で消化酵素により分解・吸収されますが、グルコマンナンは分解されず、そのまま大腸へ送られます。

 

このとき、グルコマンナンは水分を含んでかさが増えているため、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にします。

 

その結果、便が増え排出しやすくなることから、コンニャクは便秘の解消によいとされます。

 

また、便通がよくなれば発がん物質が発生しても速やかに運び出されるので、大腸がんを予防することができます。

 

さらに、グルコマンナンは糖質の吸収を阻害するので、血糖値の急速な上昇を防止し、血糖値を一定に保ちます。そのため、コンニャクは糖尿病食の食材としても用いられています。

 

 

コンニャクには保温力があるところから、昔から民間療法として、胃痛や肩こりのときの温湿布の材料にも使われてきました。ゆでたコンニャクをタオルなどでくるみ、患部にあてると痛みがやわらぎます。

 

なお、コンニャクのカロリーは、板コンニャク可食部100g中、5kcalとごくわずかなので、たくさん食べてもとりすぎる心配はありません。

 

 

 

コンニャクの料理法と保存方法

 

調理する前に、塩でもむと表面についた石灰分がとり除かれます。

 

また、ゆでたり空炒りするとコンニャクの表面の水分が減り、歯ごたえがよくなります。煮物などに使うときは、包丁で切らずに手やスプーンを使ってちぎって調理すると表面積が増し、味が染みやすくなります。

 

コンニャクは通常、透明な液体の入った袋の中に入れて売られています。この封入液はコンニャクをアルカリ性に保つためのものです。余ったコンニャクは、封入液とともに密閉容器などに入れ、冷蔵庫に保管しましょう。

 

 

コンニャクの栄養データ

 

()内は1日の栄養所要量に対する割合

タンパク質 0.2g
脂質 4.4g
リン 10mg
カルシウム 86mg(14.3%)
カリウム 120mg
0.8mg(7.3%)
ナトリウム 20mg
食物繊維 4.4g

※板コンニャク1枚200g中

 

 

コンニャクを使った便通をよくする効果があるメニュー

 

コンニャクとサトイモのみそだれ

コンニャクとサトイモのみそだれ 【医食同源レシピ】

コンニャクは適当な大きさに切ってゆで、サトイモもゆでて皮をむいた後、だし汁としょうゆで煮含めます。みそ、みりん、酒を合わせて火にかけて練り、みそだれをつくります。コンニャク、サトイモにみそだれをかけてオーブントースターなどで焼きます。

 

コンニャクを調理する前に、塩でもむ、ゆでる、空炒りするなどの下ごしらえをするとおいしく仕上がります。

 

サトイモは炭水化物のほかにカリウムが豊富です。カリウムはナトリウムとともに、細胞内外液の浸透圧を維持する働きがあります。

 

糸コンニャクとキノコのピリ辛煮

 

輪切りにした赤トウガラシ、しょうゆ、酒、だし汁を煮立てた後、ゆでて適当な大きさに切った糸コンニャク、小房に分けたシメジ、適当な長さに切ったエノキダケ、四つ割りにしたシイタケを加えて強火でさっと煮ます。

 

キノコの栄養と成分

 

 


 

トップへ戻る