ピーマンの栄養・効果効能 【医食同源レシピ】

ピーマンの栄養・効果効能 【医食同源レシピ】

ピーマンの栄養・効果効能

ピーマンの栄養・効果効能 【医食同源レシピ】

 

【ピーマンの特徴】

 

辛味のないトウガラシの一種で壊れにくいビタミンCが豊富です。β-カロチンは、未熟果の緑のピーマンよりも、熟した赤ピーマンに多く含まれています。

 

  • 1年中出まわっていますが旬は夏場で、夏ばて防止に役立つビタミンが豊富な野菜です。
  • 油脂を用いた調理でβ-カロチンの吸収率が高まります。
  • スパイスのパプリカは赤ピーマンを乾燥させて粉末にしたもので、カロチノイドの一種のカプサンチンという赤い色素が豊富です。
  • 大型ピーマンは皮をむくと食べやすくなります。網にのせるか、フォークに刺してガスの火にかざし、表面を手早く焦がして水にとり、皮をむきます。

 

血管を丈夫にし、美肌効果もあるピーマン

血管を丈夫にし、美肌効果もあるピーマン

 

ピーマンに含まれるβ-カロチンの量は、同じ緑黄色野菜のホウレンソウやニンジンと比べると少ないものの、ビタミンCが豊富で、トマトの約3.5倍、イチゴやレモンと同じくらいの含有量があります。

 

ホウレンソウの栄養・効果効能

ニンジンの栄養・効果効能

トマトの栄養・効果効能

 

ビタミンCは肌や血管などを丈夫にし、免疫力を強化し、ストレスへの抵抗力を高めるといった重要な働きをもっていますが、熱や保存に弱く壊れやすいビタミンです。しかし、ピーマンのビタミンCは、組織がしっかりしているため安定していて、保存による損失も少ないという長所があります。

 

熱を加えても比較的壊れにくいので、油を使った炒め物などにすると、β-カロチンとビタミンCを同時に、有効に摂取できます。

 

一番ポピュラーな緑色のピーマンは、未熟な実を食用にしたもので、完熟すると赤くなります。含まれるβ-カロチンの量は、完熟して赤くなったもののほうが圧倒的に多く、3〜4倍にも達しますし、ビタミンCも2倍程度に増えます。

 

最近、出まわっているオレンジ、黄、赤、黒などの大型種は、緑のピーマンに比べてビタミンCは多いものの、β-カロチンの量は劣っています。肉厚で軟らかく、甘みが強く、くせが少ないので、サラダやマリネにしてたっぷり食べるとよいでしょう。

 

 

一般に緑、赤、黄色など色の濃い野菜は抗酸化作用が強いといわれており、からだの組織の老化防止や、がん予防に有効とされます。

 

また、ピーマンにはビタミンPが含まれています。ビタミンPは植物の黄色の色素であるフラボノイドの一種で、ビタミンCの吸収を助け、毛細血管を丈夫にする働きがあります。さらに、豊富な食物繊維や緑のピーマンの葉緑素が、コレステロールの排泄を助けるため、動脈硬化や高血圧の予防にも役立ちます。

 

野菜の栄養とその効果

 

 

 

ピーマンの選び方と保存方法

 

ピーマンは鮮度が落ちるとへたの部分から傷んでくるので、へたの緑が鮮やかでぴんと張りがあり、切り口が変色していない品を選びます。袋づめにされたピーマンのなかに傷んだ実があると、接しているほかの実にうつりやすいため、注意が必要です。

 

緑ピーマンなら、表皮全体につやと張りがあって、色むらがないものが味がよく、緑が濃いほどカロチンが豊富です。

 

 

傷みを防ぐには水気をふきとり、蒸れないように穴のあいたポリ袋に入れて、冷気が直接当たらない冷蔵庫の野菜室で保存します。保存性のよい野菜なので、1〜2週間は鮮度を保つことができます。

 

 

ピーマンの栄養データ

 

()内は1日の栄養所要量に対する割合

リン 8mg
カルシウム 3mg
カリウム 68mg
0.2mg(1.8%)
ビタミンA効力 51IU(2.8%)
ビタミンB1 0.01mg
ビタミンB2 0.01mg
ビタミンC 27mg(54.0%)
食物繊維 0.78g

※緑ピーマン1個40g中

 

 

ピーマンを使ったストレス解消、肌荒れ防止に効果のあるメニュー

 

 

ピーマンのカレー煮

ピーマンのカレー煮 【医食同源レシピ】

クミンシード、みじん切りのタマネギ、豚ひき肉と、種をとって八つ割りにしたピーマンを順に炒め合わせ、カレー粉を加えて塩で調味し、蓋をしてピーマンが柔らかくなるまで蒸し煮にします。

 

カレー味でピーマンのくせが抑えられ、柔らかく煮えているのでたくさん食べられるため、ピーマンの栄養が十分にとれる料理です。

 

タマネギの栄養・効果効能

 

カラフルピーマンのトマト煮

 

つぶしたニンニクをオリーブ油で炒め、薄くくし形切りにしたタマネギ、斜め薄切りのセロリ、種をとって1cm幅に切った赤ピーマンと黄ピーマン、皮と種を除いて粗みじんに切ったトマトを加えて炒め合わせ、蓋をして弱火で蒸し煮にし、塩、こしょうで調味します。

 

野菜の水分で火を通すむだのない調理法で、ピーマンの甘みを引き出し、β-カロチンを有効に摂取できます。

 

ニンニクの効能

 

 


 

トップへ戻る