ブルーベリーを昔から活用しているヨーロッパ

ブルーベリーを昔から活用しているヨーロッパ

 

ブルーべリーは、ヨーロッパでもたいへん人気があるハーブです。

 

ヨーロッパでは、伝統的にハーブの利用が盛んで、薬理作用の研究も進んでいます。ヨーロッパはいくつかの国の集まりですから、それぞれ伝統や基準も 異なります。

 

 

同じハーブでも国によって医療品として認定していたり、健康食品として売られていたりとさまざまです。

 

特に健康食品に関心が高いのは、イタリア、イギリス、スカンジナビア諸国、フランスなどです。

 

イタリアではブームが起きているといってよいくらい、みんなが健康食品を利用しています。イタリアには植物由来の医療品もありますから、植物の機能性にも注目が集まるのでしょう。

 

 

またドイツでは昔からハーブの機能を非常に高く評価しており、植物由来の医薬品が数多く利用されています。

 

ハーブの中でも、ブルーベリーは各国でたいへん人気があります。国によっては近視や目の疲れ・眼精疲労、網膜症、夜肓症の改善などに効果がある医療品として認可されています。

 

薬局やスーパーなどでたくさんの製品が華やかにディスプレイされており、みんな気軽に買って利用しています。

 

 

 

 


 

トップへ戻る