ブルーベリーの効果効能

パソコン、ゲーム、テレビ、読書など目を酷使する機会が多い近年、「目によい果実」ブルーベリーのアン卜シアニンの機能が注目されています。

 

また抗酸化作用があり、目以外にもいろいろなよい作用が期待できます。

 

ブルーベリーの効果効能記事一覧

ブルーベリーを昔から活用しているヨーロッパ

ブルーべリーは、ヨーロッパでもたいへん人気があるハーブです。ヨーロッパでは、伝統的にハーブの利用が盛んで、薬理作用の研究も進んでいます。ヨーロッパはいくつかの国の集まりですから、それぞれ伝統や基準も 異なります。同じハーブでも国によって医療品として認定していたり、健康食品として売られていたりとさまざまです。特に健康食品に関心が高いのは、イタリア、イギリス、スカンジナビア諸国、フランスなどです。イタ...

目の疲れ(眼精疲労)を軽減するブルーベリー

アントシアニンがロドプシンの再合成を促進させ、目の疲れを軽減する「ブルーベリーは目にいい」といわれていますが、これはどのような働きによるものなのでしょうか。ブルーベリーに含まれる青紫の色素成分、アントシアニンが、目の疲れを改善するということがわかっています。アントシアニンの働きを詳しく説明する前に、まずものが見える仕組みを簡単にお話しします。眼球には、角膜とレンズの役割をしている水晶体が存在してい...

目の健康に役立つアントシアニンの効果

アントシアニンには、ロドプシンの再合成を促進して疲れ目を改善する以外にも、瞳孔や水晶体の働きを改善する効果があることもわかっています。黒目の部分にある瞳孔は、明るいところでは小さく、暗いところでは大きく開いて眼球に入る光の量を調整しています。目が疲れると、瞳孔が緊張して小さく絞られてしまうため、暗いところでものが見えにくくなることがあります。また、ものを見るときには水晶体の厚さを調節することでピン...

品質のよいブルーベリーの選び方

目に対する効果を得るためには、ビルベリーエキスに換算して1日120〜250mgが必要だとされています。この量を生の果実で食べるとすると、60〜300gになります。だいたい、両手の手の平にいっぱいくらいです。乾燥ブルーベリーでは12〜25g、ジャムでは40〜90gになります。アントシアニンの目に対する作用は、摂って4時間ほどで効果が出はじめ、持続時間は摂取後24時間ほどです。ですからタイミングを計っ...

トップへ戻る