活性酸素と抗酸化物質の効果(抗酸化作用)

活性酸素と抗酸化物質の効果(抗酸化作用)

活性酸素と抗酸化物質の効果(抗酸化作用)記事一覧

酸素・活性酸素の作用と効果

人間は、呼吸によって体内に酸素を供給し続けないと生きてはいけません。私たちは1日2万〜3万回行っている呼吸で、空気中の酸素を体内にとり入れ、生命を維持しています。また、人間が生きるためには、エネルギーが必要です。エネルギー源となるのは炭水化物や脂肪ですが、それを燃焼させてエネルギーに変換する際に、酸素が重要な働きをします。肺で吸収された酸素は、血液を通じて人体を構成する最小単位であり、エネルギーの...

除去されなかった活性酸素が原因で引き起こす病気

スカベンジャーによって除去されなかった活性酸素は、血管を通ってからだ中に運ばれ、さまざまな病気を引き起こします。除去されなかった活性酸素が原因で引き起こす病気として以下の8つの病気があります。【血流障害】血液循環に障害が生じた場合を指し、動脈硬化がその代表的なものです。動脈硬化は、心臓では心筋梗塞、狭心症、脳では脳梗塞、脳出血などの原因となり、突然死につながる危険性の高い病気です。動脈硬化の原因は...

活性酸素の種類 代表的な4種類

活性酸素にはいくつかの種類がありますが、代表的なものは「スーパーオキシドラジカル」「過酸化水素」「ヒドロキシルラジカル」「一重項酸素」の4種類です。スーパーオキシドラジカル酸素が一番変身しやすい構造をもち、最も大量に発生します。酸素原子は一つの原子核と8個の電子で構成されています。電子は2個ずつペアになっていると安定するという性質があります。8個の電子をもつ酸素は一見安定してみえますが、酸素は五つ...

活性酸素の種類 代表的な4種類

人体がとり入れている酸素のうち、活性酸素に変化する割合は約2%といわれています。この程度の量なら、人体が用意しているスカベンジャーで無害化できますが、生活法や環境によっては活性酸素がより大量に発生しやすくなります。活性酸素が増える原因を知って、それらを抑えるようにするのが望ましいといえます。活性酸素が増える原因活性酸素の増える原因の一つに食品があります。その代表的なものが食品添加物とアルコールです...

活性酸素を減らす|抗酸化作用のある食べ物

体内で大量に発生する活性酸素を減らしてくれるスカベンジャーとして、SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)やカタラーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼといった酵素が体内でつくられます。しかし、例えばSODは加齢とともに発生量が減ってきますし、活性酸素の発生に反応する活性能力も40歳ごろを境に低下していきます。その一方で、活性酸素が発生する条件は環境問題を含め、近年非常に増えています。そうなると、体...

トップへ戻る